テラスカイとNTTPC、センサーデータと顧客データを掛け合わせたIoTを簡単・早期実現に利用できるソリューション提供

株式会社テラスカイと株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズは、企業の生産性向上を支援するために、センサーデータと顧客データ(CRM)を掛け合わせたIoT利用を早期実現できるソリューションを、両社の連携により2015年9月1日より提供する。

 

■背景

昨今、業務効率化や生産性向上を目的に、生産設備、輸送やウェアラブル機器等といったモノやヒトにセンサーを取り付け、稼働状況・業務内容の見える化を実現する手段として、IoT活用を検討する企業が増え始めている。

しかし、初期投資や構築の複雑さにより断念したり、センサーから収集したデータを特定業務に利用するだけに留まっていたり・・・・・企業全体としての生産性向上に活かしたり、さらには収集したデータを活用し新ビジネスを創造するといった展開までには至っていない。

テラスカイとNTTPCは、両社の特長を活かしSalesforceを用いたIoTソリューションを提供することにより、企業の生産性向上につながるIoT活用の早期実現を支援する。

 

■提供イメージ

テラスカイとNTTPC、センサーデータと顧客データを掛け合わせたIoTを簡単・早期実現に利用できるソリューション提供

■IoTソリューションによるビジネス・イノベーション事例
《機器(生産設備、輸送機器等)の予防保全から新たなビジネスを早期実現》

テラスカイとNTTPC、センサーデータと顧客データを掛け合わせたIoTを簡単・早期実現に利用できるソリューション提供テラスカイとNTTPC、センサーデータと顧客データを掛け合わせたIoTを簡単・早期実現に利用できるソリューション提供

上記例では、機器の異常に関し、通常とは異なる挙動を起こす前に予防検知することで、保守員が部品交換を実施する保守サービスを展開できたり、営業が後継機の提案を行うなど、プロアクティブな行動を起こすことが可能になる。このように、センサーから取得する膨大なデータ、人の行動、顧客データ(CRM)を掛け合わせることができる一気通貫したシステムを早期に構築し、新しい価値や新しいビジネスの創造を支援するのが、IoTソリューションだ。

NTTPCは、センサーデータを「つなぐ・ためる・創りだす」を担う、センサーとの接続・IoTネットワーク・IoTプラットフォーム・見える化アプリケーションまでを提供。約10年の提供実績に裏打ちされた技術力により、製品のIoT化やIoT試作機を開発予定のお客さまへクイック&スモールスタート可能な支援を行う。

一方、テラスカイは市場シェアNo.1(※1)のクラウド連携サービス「SkyOnDemand」を利用し、企業が保有するSalesforceの顧客データ(CRM)とNTTPCのIoTプラットフォームを短期間で連携する。IoTの真価を発揮するには、仮説による迅速な構築、迅速な軌道修正が必須だ。1,800件を超えるSalesforceの導入実績を持つテラスカイのコンサルタントと、開発工数を削減するこの連携ツールによって短いサイクルでのPDCAの実践を支援する。

*Salesforce1 IoT ジャンプスタートプログラム
セールスフォース・ドットコムはIoTをさらに進化させ、モノと顧客をつなげることで、企業のビジネスに新しい価値をもたらすIoC(Internet of Customers)の提唱をしている。これを実現するためのエコシステムとして同社は「Salesforce1 IoT ジャンプスタートプログラム」を運営している。テラスカイ及びNTTPCは、同プログラムに参加しており、両社がタッグを組み、Salesforceのユーザ企業はもちろん、Salesforceを導入検討中の企業へSalesforceのCRMを用いたIoTソリューションを提供する。

 

■IoTソリューション詳細

1 IoT コンサルティングサービス
IoTを始める際の課題、ニーズをヒアリングした上で、丁寧な計画支援を提案。IoTにおける「つなぐ・ためる・創りだす」のそれぞれの局面において、センサー端末の接続からデータ分析・集計に伴う業務改善などのIoTデータ活用アイデアまで、実績に基づく適切な提案が可能だ。またIoTのトータルソリューションであることから、初期費用を抑えたスモールスタートの実施、及び短期間でのPDCAによる成長サイクルまで実施を支援する。

2 IoTプラットフォーム(※2)
●IoTに適したデータベース設計
IoTに適したnoSQLデータベースクラウドのためユーザー毎のテーブル設計が不要。また、開発者サイト(検証環境)ではfluentdで開発可能な組込用デバイスエージェントと、WebAPIを、開発者サイト(検証 環境)にて公開しており、クイック&スモールにIoTの開発・検証が行える。

●マルチテナント対応
端末をグルーピングできるテナント管理機能を標準搭載。管理者権限を小分けすることができ、将来、企業だけでなく、関連企業やパートナー企業とビジネス連携する場合でも、共通プラットフォームとして活用できる。

3 IoT専用セキュアネットワーク
●高セキュリティ
情報漏えいリスクや不正遠隔操作などIoTにおけるセキュリティリスク増大に対し、NTTPCではIoT化におけるセキュリティ対策は必須と考えている。特にモバイル網(MVNO)と閉域網(VPN)を用い、インターネットを介さず、安全にIoTプラットフォームを利用できる環境をお客さまに提供している。

●豊富なラインナップ
ワイヤードやワイヤレス(モバイル網)、オープンなインターネットやクローズドでセキュアなVPN、動画や常時接続用の大容量・低トラヒック用の小容量など、多彩なネットワークサービスを用意しており、顧客の利用シーンに合わせ選択可能だ。

4 SkyOnDemand
●クラウドとの連携に特化したクラウド型システム連携サービス
「クラウド⇔基幹などの社内システム」間、あるいは「クラウド⇔クラウド」間のデータ連携をドラッグ&ドロップで設定することができ、短期間で柔軟な連携構築を実現する。
SkyOnDemandの国内総販売代理店は、NTTソフトウェア株式会社。SkyOnDemandの詳細は、こちら( http://info.skyondemand.net/sod/ )。

※1 EAI/ESB市場 SaaS市場でシェアNo.1 出典:富士キメラ総研(東京都中央区)「ソフトウェアビジネス新市場2014年版」2014年7月発刊
※2 IoTプラットフォームとは、APIをコアとした、データストア/アラート機能、それに関わる端末・ユーザーの管理や外部クラウドサービスとの連携を実現するIoT向けクラウドサービスだ。

 

【関連サイト】
テラスカイ : http://www.terrasky.co.jp/
NTTPC : http://www.nttpc.co.jp/

Previous

パナソニック、「動線分析お試しキット」の提供を開始~従業員や来店客の動きを簡単に見える化~

アドバンテック、Intel(R) Quark(TM) SoC x 1000搭載 IoTゲートウェイUBC-221を発売

Next