AirbiquityとSTマイクロエレクトロニクス、車載機器のソフトウェアを無線通信でアップデートする技術を共同開発

現代の車両は重要なシステムおよび有用な機能を駆動するために、ソフトウエア、プロセッサー、TCU、ECUへの依存度を増している。このため、無線通信でのソフトウエア・アップデートをオンデマンドで効率的に実行する能力は自動車メーカー、サプライヤー、消費者にとって不可欠となっている。IHSの最新調査によると、無線通信は今後、自動車業界に巨額の利益をもたらすと予想され、全世界合計でで2015年の27億ドルから2022年には350億ドルに膨れ上がるとみられるソフトウエア・リコールとサイバーセキュリティーにかかる出費を緩和するコスト節約につながる。

今回のイニシアチブの中核となるコンポーネントは、AirbiquityのSoftware & Data Management製品およびChoreoと、現在および将来のST Telemacoコネクティビティーおよびテレマティクス・プロセッサーであり、車両ゲートウェイ、エンターテイメント・システム、テレマティクス、コネクティビティー・システムなどのアプリケーション分野を支援する。両社は初期統合のパフォーマンスをすでに確認しており、今後は最適化を推進するためのコラボレーションを継続していく計画である。

AirbiquityのSoftware & Data Management製品およびChoreoサービス提供プラットフォームはコネクテッド車両をターゲットとしており、大規模ででセキュアなソフトウエア・アップデートおよびデータ収集を自動化する。Airbiquityはさまざまな車両システム分野、コネクティビティー・デバイス、通信ネットワーク、バックオフィスITシステム、従来および新興のコネクテッド車両サービスのコンテンツおよびサービス・プロバイダーも一体化する予定だ。

STのTelemacoテレマティクスおよびコネクティビティー・プロセッサー・ファミリーは、車載テレマティックスおよびコネクティビティー・アプリケーション向けのコスト効率に優れたプロセッシング・ソリューションを対象とする電力効率に優れたシステムオンチップである。最新世代はDual ARM Cortex-A7プロセッサー、統合オーディオADCおよびDAC、デジタルサウンド・プロセッサー、CANインターフェース向けのARM Cortex-M3に基づく強化された暗号化機能と分離サブシステム、ETH AVBコントローラーを含む標準的なコネクティビティー・インターフェースの完全セットなどを装備している。

【関連リンク】
Airbiquity
STマイクロエレクトロニクス(ST)

Previous

マイクロソフト、自動車メーカーの変革を支援するMicrosoft Connected Vehicle Platform を発表

自動車向けセキュリティ企業アルグスとクアルコム、コネクテッドカーを不正アクセスから守るセキュリティソリューションを共同提供

Next