インフォテリア、世界展開を目指すスタートアップを支援する新プログラム「パンゲア2.0」をIoT Future Lab.(イフラボ)で開始

インフォテリア株式会社は、本年2月1日より世界展開を目指すスタートアップの成長を支援するプログラムとして「パンゲア2.0」を開始する。

具体的には、自宅などで起業するケースが多いスタートアップに対し、インフォテリアのIoT Future Lab.(略称:イフラボ、総面積:530㎡)内の会議室、コワーキングスペース、イベントスペースなどを無償提供。さらに、当社社長の平野洋一郎、社外取締役のアニス・ウッザマンの経営相談、定期的な広報指導、さらにはベンチャーキャピタルや業界関係者などとの交流会なども開催予定。

■ パンゲア2.0を実施する背景

少人数で事業を開始するスタートアップは経営資源に乏しく、面談やメディア対応などのための会議室、製品やサービスを紹介するセミナールームなどの手配も容易ではない。さらに、首都圏以外のスタートアップでは、ワーキングスペースの確保も課題となっている。インフォテリアでは、当社創業時に会議室、セミナールーム、ワーキングスペースの無償提供を受けて成長を後押ししていただいたことの「恩送り」として、これまで以上の支援を現代のスタートアップに提供していきたいと考えている。

■ パンゲア2.0の体制

「パンゲア2.0」はインフォテリア社長直轄の社長室が運営し、ディレクターにはスタートアップ成長請負人として活躍中の株式会社54代表取締役社長山口豪志氏(「パンゲア」第1期卒業スタートアップの「ランサーズ」創業メンバー)を招聘する。山口氏の総合監修によりスタートアップに不足しがちな「ヒト×モノ×資金」を繋げるスタートアップ支援制度として進化した「パンゲア2.0」は、起業家を支援し日本のイノベーションを推進する若きスタートアップの育成・輩出に貢献する。

[media id=’45723′]

ディレクター 山口豪志氏
(株式会社54代表取締役)

■ 「パンゲア2.0」の概要

​住所 東京都品川区大井1-47-1 NTビル 1F(IoT Future Lab.)
支援対象 ・起業から5年未満、社員数10人未満の企業であること
・世界展開を目指す企業(事業)であること
・IoT技術、ブロックチェーン技術を生業とする企業は優先
・東京に拠点のない地方企業は優先(都内での活動拠点として利用可能)
支援内容(無料) <パンゲアからの継続内容>
ワークスペース、会議室、セミナールーム、高速WiFiなどの当社設備の利用
<パンゲア2.0における新施策>
・当社創業者の平野、社外取締役アニス・ウッザマンによる経営相談(規定回)
・アニス・ウッザマンによる資金調達相談(規定回)
・定期的な広報セミナーや記者発表におけるメディア集客支援
・リラックススペースの利用(コーヒーサーバー、マッサージチェアなど)
利用できる当社施設 合計面積:530㎡(インフォテリア本社1階、IoT Future Lab.内)
オープンスペース:1室(132㎡)、リラックススペース:1室(82㎡)、
セミナールーム:1室(124㎡)、会議室:6室(計181㎡)、スタジオ:1室(11㎡)
ディレクター 山口 豪志 氏(株式会社54 代表取締役社長)
申し込み方法 以下に記載するインフォテリア株式会社社長室に連絡し、所定の申請用紙を提出願います。審査の上で合否をご連絡します。

 

■ 「パンゲア2.0」への利用申し込み方法:「パンゲア2.0」事務局担当

インフォテリア株式会社 社長室 吉田・乙供(おっとも)
電話番号 03-5718-1255 / FAX 03-5718-1261
E-mail     ceo-office@infoteria.com

■ 今後の展開

インフォテリアは、今後「パンゲア2.0」で20社程度のスタートアップを受け入れ、事業活動を支援していく。2年後には10社以上の企業が順調な成長を遂げ卒業していくことを目標にしている。

<IoT Future Lab. 内観>

[media id=’45726′]

<イフラボ配置図>

[media id=’45727′]
Previous

Yahoo! JAPAN Hack U 2016「大阪会場予選」の最優秀賞は、学校の出欠を自動で取ってくれるアプリチーム名:大吟醸@津山高専の「あまがえる」

STマイクロエレクトロニクス、 ソーシャル・フィットネスの普及を加速させる スマート・モーション・センサを発表

Next