STマイクロエレクトロニクスとValencell、生体センサー搭載のウェラブル機器向けに開発キットを発表

生体センサ技術のValencellと、電子機器に半導体を提供するSTマイクロエレクトロニクス(以下ST)は、生体センサを搭載したウェアラブル機器向けに、高い精度と拡張性を持つ開発キットを発表した。この開発キットは、STのターンキー・ソリューションである小型マルチセンサ・モジュール「SensorTile」とValencellの生体センサ・システム「Benchmark」を統合している。

SensorTileとBenchmarkの組み合わせにより最先端のウェアラブル機器で想定されるユース・ケースに対応した、最も使いやすいポートフォリオの実現を目指している。

SensorTileは、小型のIoT機器開発用モジュール(13.5 x 13.5mm)で、高性能の32bitマイクロコントローラ(STM32L4)、Bluetooth Low Energy通信用IC、高精度なMEMSモーション・センサ(加速度センサ、ジャイロ・センサ、地磁気センサ)、環境センサ(圧力センサ、温度センサ)、およびデジタルMEMSマイクロフォンを集積している。

STのSensorTile開発キットとValencellのBenchmarkセンサ技術の組み合わせは、ウェアラブル機器にすぐに実装できるValencellのPerformTek技術パッケージが活用でき、革新的なウェアラブル機器やIoT機器の試作・評価・開発を簡略化する。STのSTM32マイコンおよびセンサは、ValencellのBenchmarkセンサ・システムに採用されているが、今回はその協力を強化する。

【関連リンク】
STマイクロエレクトロニクス(ST)
valencell

Previous

NVIDIA、AI搭載自動車、クラウドコンピューティング、スマートホームのビジョンを発表

ACCESSとsdtech、ドライバーの状況に適したインターフェースを提供するシステムを共同で開発

Next