エンルートとモバイルクリエイト、産業用ドローン・AI・情報システム等の共同開発を開始

株式会社エンルートとモバイルクリエイト株式会社は、産業用ドローンの製造並びにAI・情報通信システム等の共同開発において業務提携をした。

エンルートは、昨年8月に大分県大分市に産業用ドローンの開発推進を目的とした研究所開設の立地表明をして、飛行ドローンの自律制御技術を、無人艇や、無人車両に応用し、漁業支援、水難救助、害獣対策、山間部・離島への物流などに活用できるよう研究開発をすすめている。大分県に本社を置くモバイルクリエイトは、移動体通信事業を中心とし、IoT技術など産業用ロボットのインフラとなる技術を持っている。さらにグループ企業ではドローン事業も展開している。

エンルートとモバイルクリエイトは、大分発信のドローン事業を展開することについて協業の可能性を模索した結果、製造面においてはモバイルクリエイトのグループ企業、開発面においてはモバイルクリエイトと協業することで両社にメリットが大きいとの結論に至った。

製造面においてはエンルートが有するUAV(無人航空機)、UGV(無人地上車両)、USV(無人水上艦・水上艇)などの産業用ドローンの製造の一部をモバイルクリエイトのグループ企業が受託することで、大分県を製造拠点としてドローンの機体を供給していく。

エンルートとモバイルクリエイトは、今後は、ドローンがモバイル通信網につながり、クラウドからの遠隔操作にて自律飛行を行い、ドローンで得られた情報をビッグデータとしてAIが学習することで、様々な分野でのサービス活用が可能となると考え、AIおよび情報通信システム等の開発においても協業をすすめていく。

【関連リンク】
エンルート(ENROUTE)
モバイルクリエイト(Mobile Create)

Previous

パナソニック、IoTと調理家電を活用した新しい食のサービス事業を開始

テキサス・インスツルメンツ(TI)、ドライバー体験を豊かにする4つの技術トレンド

Next