オリックス自動車、高齢ドライバー見守りサービス提供開始

オリックス自動車株式会社は、2017年2月1日より「自動車IoT = テレマティクス技術」を活用した高齢ドライバー見守りサービス「あんしん運転 Ever Drive」(※1)の提供を開始する。

「あんしん運転 Ever Drive」は、見守りたいドライバーの車に専用車載機を取り付け、危険な運転挙動や、車両の現在位置、走行軌跡などの運転状況をリアルタイムで可視化する。これらのデータは家族で共有することができ、「いつ、どこで、どんな危険挙動が発生したか」を地図上で確認することができる。また、過去データから運転時間の推移を比較することにより、認知症などによる行動変化にも気づきやすくなる。

利用料金は月額2,980円(税別)で、1年契約、以降1ヵ月ごと自動更新。初期費用10,000円(税別)には車載機取り付け費用、システム登録料が含まれる。

【関連リンク】
オリックス自動車(ORIX Auto)
あんしん運転 Ever Drive

Previous

NTTデータ、人工知能を用いたニュース原稿の自動生成する実証実験を実施

クルマとドローンを合わせた新しいモデル【海外動向】

Next