Hacobu、車両運行管理をリアルタイム・簡単・格安で行える専用端末「MOVOスティック」販売開始

物流業界向けにハードウェアの設計製造販売およびアプリケーション開発を手掛ける株式会社Hacobuは、車両運行管理をリアルタイムに・簡単に・格安で行える専用端末「MOVO(ムーボ)スティック」の販売を本日1月30日より開始した。

「MOVOスティック」は取付工事などは不要で、運送車両のOBDポートもしくはシガーソケットに挿すだけで使用可能。通信機能と、加速度センサ、GPS機能を備えており、取得されたデータは従来から提供されている運送会社向けの統合管理システム「MOVO(ムーボ)」へと送信される。そのため、運送会社はドライバーの速度、位置情報をリアルタイムに確認することが可能。

さらに、スマートフォンやガラケーで利用可能な専用のモバイルツールを使うことにより、荷積・荷卸等の状況を把握する作業ステータス管理や、到着時刻・出発時刻の記録・管理の見える化が可能になる。加えて、事前に配送先の住所を登録しておくことで、車両が一定距離内に近づいた場合に通知を発するジオフェンス機能を搭載。これらの機能によって、簡単に運送会社の配送効率の向上に寄与する。

<MOVO スティック(ムーボ・スティック)買い切りプラン>
端末代金:24,000円(税別)
月額費用:月額1,200円(税別)

<MOVO スティック(ムーボ・スティック)リースプラン>
初期費用:無料
月額費用:月額1,800円(税別)
(別途、与信審査が必要。)

【関連リンク】
Hacobu
MOVO スティック

Previous

The Qt Company、組み込み機器向けの機能・スピード・パフォーマンスを大幅に強化した開発フレームワーク「Qt 5.8」をリリース

情報技術開発がクラウドインテグレーターへシフト、ITエンジニアの約50%をクラウドエンジニアに

Next