ソニー損保とYahoo、カーナビの運転特性データを活用した個人向けテレマティクス保険商品・サービスの開発に向けた共同研究を開始

ソニー損害保険株式会社とヤフー株式会社は、Yahoo! JAPANが提供する1,000万ダウンロード突破のスマートフォン向け無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」から得られる運転特性データを活用した、新しいテレマティクス保険商品や関連サービスの開発に向けた共同研究を開始する。

ソニー損保は、同社の一部の保険契約者を対象に参加同意を得た上で、2017年春から約1年間の予定でモニターテストを実施し、研究を行っていく。具体的には、モニターテスト協力者が使用する「Yahoo!カーナビ」で計測された、走行速度、急加速、急減速などの運転特性データ(*1)を、テレマティクス保険のひとつである運転行動連動型(Pay How You Drive型 以下「PHYD型」)保険商品を開発するための研究に活用する予定だという。

ソニー損保では、顧客にとって納得感のある保険商品を提供できるよう、ひとりひとりのリスクを保険料に反映させる運転行動連動型(PHYD型)の自動車保険の開発に取組んでおり、2015年2月には加速・減速の発生状況(運転特性)を保険料に反映させる自動車保険「やさしい運転キャッシュバック型」の販売を開始した。

一方、Yahoo! JAPANは、スマートフォン向けの無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」を通じて、目的地へのナビゲーションだけでなく、ドライバーの安全運転意識や運転の利便性を高めるためのサービスを提供している。「Yahoo!カーナビ」では、カーテレマティクス事業「Yahoo!カーナビ プラス」(*2)構想を掲げ、かねてよりドライバーの安全運転行動に直結する自動車保険分野との連携を検討していた。

今回のソニー損保とYahoo! JAPANの連携により、両社の知見を活かすことで、ドライバーの安全運転支援や事故防止につながる新たなサービスや、より納得感のある新しい保険商品の開発に向けた検討を進め、自動車事故の削減に貢献していくという。

(*1)モニターテストへの参加を希望したユーザーの運転特性データのみを共同研究に利用する。利用する運転特性データは、加速・減速、コーナリング、走行速度、走行された道路に関する情報の、走行データを指す。なお、同研究において、顧客の走行履歴(位置情報)は、急加速・急減速・急ハンドルなどを検知した場合以外は、取得しない。また、ソニー損保は、運転特性データおよび走行履歴を保険商品・サービスの開発以外に利用しない。
(*2)“車空間のユーザー”にさらに高い付加価値を提供するべく、「Yahoo!カーナビ」と親和性の高い各領域のパートナー企業との連携を行うカーテレマティクス事業構想の名称。

【関連リンク】
ソニー損保(Sony Assurance)
ヤフー(Yahoo)
Yahoo!カーナビ

Previous

「IoTでビジネスにイノベーションを」 考えるよりやってみよう。[PR]

日産、自動運転技術「プロパイロット」を搭載した新型「セレナ」が「2016年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞」を受賞

Next