フォルクスワーゲン、カーライフをより便利に豊かにするモバイルオンラインサービス「Volkswagen Car-Net」

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(以下、VGJ)は、フォルクスワーゲン(以下、VW)の最新デジタル通信技術によるモバイルオンラインサービス“Volkswagen Car-Net*1(フォルクスワーゲン カーネット)”の理解促進と同機能を採用したモデルの認知向上を図るために、現在販売中のコンパクトカー「Golf Connect:ゴルフ コネクト」シリーズを前面に打ち出した告知及び認知向上活動を、今後、全国の新聞やインターネットなどを通じて行っていくという。

最新のVW車は、純正ラジオ”Composition Media(コンポジション メディア)“や純正ナビゲーション付インフォテイメントシステム”Discover Pro(ディスカバープロ)“にスマートフォンを接続したり、インターネット経由で簡単に“Volkswagen Car-Net“が提供する3つの機能を利用できる*1。

  • App-Connect(アップコネクト)
    Apple CarPlay、Google AndroidAuto、MirrorLinkという3つの異なる通信プロトコルに対応することで、スマートフォンとの連携が容易になった。
  • e-Remote(イーリモート)
    PHEV専用の予約充電等の各種サービスを利用できる。
  • Guide&Inform(ガイド&インフォーム)
    12項目の各種オンライン情報(GoogleTM Street Viewなど)が得られる。

VGJは現在、これからの時代のクルマに求められる「インターネットとの連携」を強化したモデルの導入を積極的に行っている。現在では国内販売モデルの約9割に“App-Connect“機能が搭載されており、5割以上のモデルに“App-Connect”と“Guide&Inform”の双方が利用可能な“Discover Pro(ディスカバープロ)“が設定されている。VGJでは、今後も“VolkswagenCar-Net“を利用できるモデルを順次導入予定で、2017年の中盤には、ほぼ100%が「つながるクルマ=コネクテッドカ―」を提供できるようになるという。

【“Volkswagen Car-Net”対応モデル一覧:車形別】

  • ハッチバック:Polo、Golf
  • ステーションワゴン:Golf Variant、Passat Variant
  • セダン:Passat
  • ミニバン:Golf Touran、Sharan
  • SUV:Tiguan
  • クーペ:The Beetle
  • PHEV(プラグインハイブリッド):Golf GTE、Passat GTE

*1 モデル、年式によって利用できるサービスが異なる。

【関連リンク】
フォルクスワーゲン(VW)

Previous

オプテックスとザイマックス、建物運営管理のIoTサービス構築にむけて共同実証実験を開始

カブク、特許出願中の人工知能を活用した製造方法・工場最適化技術により、オンデマンド製造サービスを強化

Next