グーグルとH&M傘下のIvyrevel、行動データから洋服をデザインするサービス「Data Dress」を開発

IoTNEWS Global

ファストファッション大手H&M傘下のファッションブランドIvyrevelとGoogleがコラボレーションし、行動データから洋服をデザインし注文ができるサービス「Data Dress」を開発した。

Ivyrevelは、2012年にスウェーデンのストックホルム市でファッション技術ラボを設立し、技術革新と創造的な表現を組み合わせたデジタル世代のためのファッションを提供するアパレル会社で、アルゴリズムを使って商品デザインをしている。さらに、決済システムではイタリアのPayPalにサポートされている。

今回、両社が開発したアンドロイド用のアプリにグーグルのAwareness APIを搭載することで、ユーザーの現在位置、アクティビティ、周りの環境や天気などを検知する。そして一週間アプリが収集したデータに基づいて、デジタルドレスが完成する。

下記の動画を見るとドレスが作られる様子がわかるが、アプリをインストールしたあと、ビジネスやパーティなど洋服を着るシチュエーションを選び、自分の体のサイズを入力する。その後、アプリが持ち主の行動を把握する。例えば毎朝のランニング、友だちとの食事、クラブでのダンスなどの行動から、ドレスをデザインしていく。

Coded Couture By Ivyrevel – Introducing the Data_Dress

持ち主の行動パターンからデザインし、完成したドレスデザインを気に入った場合、サイトから注文できる。価格は99ドルから。現在アプリはファッション関係者でβテスト中で、一般公開は今年中に予定されている。

パーソナライズ化を極限まですすめていく動きは、スマート・リテールのトレンドであり、今回はそれが、ファッションにも適用されたということだ。

Source: Ivyrevel

Previous

ソラコムのLoRaWANのシェアリングエコノミーが面白い。IoT向けモバイル通信サービスから、IoT向けデータ通信サービスへ ーSORACOM LoRaWAN Conference 2017レポート

トランスコスモス、ロボットが接客データを蓄積しマーケティングやCRMへ活用できるサービスを提供開始

Next