テレパワー、Bluetooth4.1/High Speed通信対応の超小型2.4GHz無線モジュール「TP26CMX-01」を発売

株式会社テレパワーは、Bluetooth Low Energy4.1規格とHigh Speed通信に対応した超小型無線モジュール「TP26CMX-01」を開発、サンプル供給を2017年7月より開始する。量産は2017年12月を予定。

昨今急速に普及・発展しているIoTに向け、同社ではこれまでBluetooth Low EnergyやWi-Fi、Sub-Gなど用途・通信距離・データ量などに合わせ最適なモジュールを開発・提供してきた。今回はこれまでの無線モジュール開発で蓄積したノウハウを応用し、小型で高機能な2.4GHz無線モジュールを開発。

アンテナを一体化したモジュールとして最小クラスのサイズ6×6.6mmを実現し、ウェアラブル機器などにさらに採用しやすくなった。またモジュール内部に昇圧回路(DC-DC)を設けており低電圧から動作が可能となり、バッテリーを使用した製品でも長期間の稼働を実現する。Bluetooth Low Energyの他にHigh Speed通信として使用することができ、これまで対応の難しかったアプリケーションにも使用可能。

デバイスはTexas Instruments製CC26xxシリーズをベースにしており、ファームウェアは同社製品「TP26HS-01」「TBLEL-02」と共通で使用することが可能。

【関連リンク】
テレパワー(TelePower)
テキサス・インスツルメンツ(TI)

Previous

神戸製鋼所、アフターサービス支援システム「CSOne」を導入しサービス事業を強化

グラモ、iRemoconを通じた「Pepper」による家電操作を実現

Next