ショーケース・ギグ、AIチャットボットを活用した体験型コンテンツネットワーク「Cogni-Screw」の提供を開始

株式会社Showcase Gigは、AIチャットボットを活用した体験型コンテンツネットワーク「Cogni-Screw(コグニ・スクリュー)」の提供を開始する。

「Cogni-Screw」は、AIチャットボットを活用した体験型広告を配信できるアドネットワーク。「Cogni-Screw」の広告配信には、ゴールドスポットメディアの「.JP 3」の技術を活用。様々なブランドのAIチャットボットを体感でき、エンターテイメント情報を提供するメディア「rooVeR(ルーバー)」においても展開していく。

体験型広告は、まず「ウレぴあ総研」(ぴあ)、「GREE News」(Glossom)、「JBpress」(日本ビジネスプレス)、「いこーよ」(アクトインディ)、「エキサイト ニュース」(エキサイト)、「東洋経済オンライン」(東洋経済新報社)をはじめとした8媒体(2017年2月現在・今後随時増加予定)に配信。

第一弾として、宅配寿司「銀のさら」のプロモーションに採用され、2016年12月12日よりキャンペーンを実施している。キャンペーンでは、「ウレぴあ総研」、「GREE News」、「rooVeR」などのコンテンツページに、銀のさらのブランドキャラクターである「銀さん」のチャットヘッドが登場し、ユーザーに話しかける。ユーザーがタップすると、キャンペーンページに遷移する。

AIチャットボット企画を活用することで、ユーザーは「銀のさら」とのタイアップコンテンツである「すし道検定」を自然な形で楽しみながらブランドを体験することが可能になるという。

ショーケース・ギグ、AIチャットボットを活用した体験型コンテンツネットワーク「Cogni-Screw」の提供を開始

【関連リンク】
ショーケース・ギグ(Showcase Gig)
ゴールドスポットメディア(GSM)
ぴあ(PIA)
グロッサム(Glossom)
日本ビジネスプレス(JBpress)
アクトインディ(actindi)
エキサイト(Excite)
東洋経済(TOYO KEIZAI)
ライドオン・エクスプレス(RIDE ON EXPRESS)

Previous

Curious Edge、機械学習でプロジェクトの管理を行う「Commu」 β版提供開始

ディープインサイトとトプスシステムズ、組込みディープラーニング技術と非従来アーキテクチャのAIプロセッサの融合で超高速100fpsで物体を判別可能な画像入力フロントエンドシステムを開発

Next