NECと日本オラクル、クラウドで新たに戦略的提携

日本電気株式会社(以下、NEC)と日本オラクル株式会社は、顧客のデジタルビジネス創造を支えるクラウド事業の戦略的な提携を行うことで合意した。

具体的には、基幹システム(SoR、注1)領域で多くの実績があるデータベースに加え、今後の新ビジネス(SoE、注2)領域での多種多様なデータ活用を見据え、「Oracle Cloud」をNECの国内データセンターから顧客ごとのサービスとして提供していくという。さらにNECのクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS(注3)」との連携により、顧客は同一データセンター構内接続による円滑なクラウド移行/連携、統合運用管理の効率化が実現できる。

また、NECは国内で初めてマネージドサービスの一環として「Oracle Cloud at Customer(注4)」の一次保守を開始し、オンプレミスから「Oracle Cloud」を連携したハイブリッドクラウド環境までの一元的な保守を提供する。

NECと日本オラクルは、顧客にとって高度なデータの収集、蓄積、分析、活用や、多彩なアプリケーション開発の容易化、そして新ビジネスの早期立ち上げに貢献するため、NECのIoT基盤「NEC the WISE IoT Platform」とOracle Cloudの連携を進めていく。
 
今回の提携により、既存システムのクラウド移行、ハイブリッドなクラウド環境の構築、多種多様なクラウドの連携、それらの包括的で効率的運用管理に向けて具体的に以下を進めていく。

  1. NEC国内データセンターからの「Oracle Cloud」提供
    顧客やパートナーのデータセンターにOracle Cloud環境を構築する「Oracle Cloud at Customer」を、24時間365日(注5)の運用監視、高度なセキュリティを実現するNECの国内のハイブリッドデータセンターに設置し、同センターを通じて顧客ごとにオラクルのクラウドサービスを提供する。これにより顧客は、オンプレミスの基幹システム(SoR)で多数の実績のあるOracle Databaseをクラウドとして容易に活用できる。

    また、「NEC Cloud IaaS」との連携によるハイブリッドデータセンターの特長を活かし、顧客の既存システムのクラウドへの円滑な移行、オンプレミスシステムや他社クラウドとの連携、効率的な統合運用管理が可能。

  2. 「Oracle Cloud」とNECの実績あるソリューションとの連携
    NECのデータセンターより提供される「Oracle Cloud」と、NECの地方公共団体向けソリューションや次世代PLMソリューション「Obbligato III」をはじめとした実績のある業務ソリューションとの連携を行う。これにより、顧客のニーズに応じたクラウドの活用支援を拡大していく。
  3. NECにおけるクラウド人材の育成
    NECはOracle DatabaseやOracle Exadataに関するシステム構築・サポート技術力を有した多数のエンジニアを保有している。今回の協業により、Oracle Cloudに対応可能なエンジニアを今後3年間で1,500人育成。さらに、NEC社内の開発環境や検証環境としてOracle Cloudを利用し、顧客にとって、安全・安心でよりニーズに即したシステムを提案・提供できる体制を整えていく。
  4. 国内初、NECがマネージドサービスの一環としてOracle Cloud at Customerの一次保守を提供
    NECは、大規模なミッションクリティカルシステムをはじめとするオラクル製品を活用したシステムについて、多数の保守実績と高い保守品質を有し、ハードウェアとソフトウェア一体型のサポートを提供してきた。今回、国内で初めて、「Oracle Cloud at Customer」についてもマネージドサービスの一環として一次保守の提供を開始。

    これにより、顧客のデータセンターやNECの国内データセンターに設置された「Oracle Cloud at Customer」に加え、既存のOracle製品を活用したシステムも含めたハイブリッドクラウド環境全体の統合的な保守の提供が可能となる。

(注1)SoR(Systems of Record):トランザクション主体でデータを記録として残していく従来型のシステム(会計、生産、販売、購買、流通などの基幹システム)。
(注2)SoE(Systems of Engagement):人やモノ、コトなどのつながりにもとづいて、新たなビジネスを創造するシステム(SNS、モバイル、IoTなど)。
(注3)NEC Cloud IaaS:サーバやストレージ、ネットワークのリソースを、月額や時間課金で利用できるサービス。豊富なラインナップであらゆるシステムニーズに対応。さらに、他のクラウド、オンプレミス、ハウジングなどを適材適所で利用する「ハイブリッドクラウド」やその「統合運用管理」を実現。
(注4)Oracle Cloud at Customer:ハードウェア、ソフトウェア、クラウド管理、サポート、IaaSを月額課金で提供するとともに、オラクルのデータベース、Exadata、Java開発基盤などをPaaSとして定額または従量課金で提供するサービス。Oracle Cloudとの完全互換性を備えた最新機能が利用可能。
(注5)24時間365日、間断なく動作保証するものではない。

【関連リンク】
日本電気(NEC)
オラクル(Oracle)

Previous

ディープインサイトとトプスシステムズ、組込みディープラーニング技術と非従来アーキテクチャのAIプロセッサの融合で超高速100fpsで物体を判別可能な画像入力フロントエンドシステムを開発

マイクロソフト、音声認識・自然言語理解など拡大を続けるAI「Microsoft Cognitive Services」

Next