NTTデータ、アナリティクス・AI・エッジコンピューティング技術のノウハウを備えた「AI&IoTビジネス部」を設置

株式会社NTTデータは、IoT社会において必要となるアナリティクス、AI、エッジコンピューティング技術(注1)のノウハウを備えた専門組織として、2017年3月1日に「AI&IoTビジネス部」を設置した。

「AI&IoTビジネス部」は、200名のデータアナリスト、データサイエンティスト、コンサルタントおよび1500名の組み込み技術開発者を擁した専門部隊。大規模トランザクション処理等のサーバーサイドの技術、車載デバイスやモバイルデバイスに対するエッジサイドの組み込みソフトウエア開発技術、AI技術やアナリティクス等、NTTデータおよびNTTデータグループ各社が長年培ってきたノウハウを結集し、顧客とともに、エンドユーザーや社会に新たな価値を提供していくという。

NTTデータグループのAIおよびIoT関連の実績、ノウハウは以下の通り。

  1. 大規模システム構築を通じて培った「大規模トランザクション処理技術(サーバーサイド)」「データ連携基盤構築技術」
  2. NTTデータMSE、NTTデータSBC、NJKを中心として培った「組み込みソフトウエア開発技術(エッジサイド)」
  3. NTTデータのビッグデータビジネス推進室およびNTTデータ数理システムを中心として培った「高度分析、AI技術活用力(機械学習、Deep Learning等)」
  4. サイロ化(注2)した要素をつなぎ合わせ、企業・業界もつなぐ「コーディネート力」
  5. NTTの研究所を中心とする「AI・IoT関連の最新技術」

また、これまでの実績・ノウハウに加え、AIやIoT等の次世代テクノロジーを活用したソリューションやサービスも新たに提供していくという。

  • 製造業を中心としたIoTサービスの提供(エッジサイドからサーバーサイド、アナリティクス、ネットワーク)
    NTTデータは、これまで車載デバイスおよびモバイルデバイスに関するサービス提供で培ったエッジサイドの組み込みソフトウエア開発実績やノウハウを強みとして、顧客の事業戦略実現に向けたIoTの活用を幅広く支援していく。現在、製造業の顧客とともに進めているスマートファクトリーやSCM、アフターサービス領域におけるIoTのPoC(Proof of Concept)をさらに加速させ、具体的なIoTソリューションとして展開していく。

    NTTデータは、エッジサイドからサーバーサイドまで、一貫してシステムを構築・運用するだけでなく、取得した情報の活用分析やIoTネットワーク、セキュリティーなど、IoTサービスの導入をトータルで支援する。さらに、将来的には、ライフサイエンス分野におけるIoTやAIの活用に向け、早期のビジネス展開を目指すという。

  • 顧客ビジネス価値に貢献するAIサービスの提供
    NTTデータは、これまで積み重ねてきたさまざまな顧客との300件以上のビッグデータ分析に関する実績や、NTTグループの「corevo」等のAI技術を活用し、顧客のビジネス価値に貢献するAIサービスの提供を行う。

    AIへの期待が高まる中、ITベンダーからは、さまざまな機械学習フレームワークが提供されているが、必要となるスキル、機能のカバー範囲、方式などにはそれぞれ違いがある。NTTデータは、ユーザーが想定するケースに応じて、技術を適切に組み合わせたサービスを構築できるよう、業界別の方法論、データ分析・予測のための機械学習フレームワーク、共通基盤プラットフォームを提供していく。

注1「エッジコンピューティング技術」とは、クラウドよりユーザーに近いところにエッジサーバーを分散させることで、高速かつ大量のデータを処理する技術。
注2「サイロ化」とは、部門や業務ごとにシステムを検討・構築し、企業や顧客価値としての全体最適が図られていない状況。

【関連リンク】
NTTデータ(NTT DATA)

Previous

NEC、映像から来店者の行動を可視化・分析する「人物行動分析サービス」を販売開始

センサー技術を開発するYume Cloudと富士通エレクトロニクスが提携、エンターテイメント用IoTソリューション「GLOW」に富士通のメッシュネットワーク「WisReed」を搭載

Next