オベルチュール・テクノロジーズ、LPWAネットワークのセキュリティー確保方法を発表

組み込みセキュリティーソフトウエア製品/サービス/ソリューションを提供するOT(オベルチュール・テクノロジーズ)は、シエラ・ワイヤレスのM2Mセルラーモジュールを使用する認可周波数帯で省電力広域(LPWA)ネットワークのセキュリティーを確保する方法を発表した。

セルラーネットワークは、省電力が求められるコネクテッドデバイスを接続する方向へと進展を見せている。EC-GSM-IoT、LTE-M、NB-IoTのような3GPP規格は、既存のネットワークインフラストラクチャーを使用するIoTの接続要件に特別に適合させたもの。OTはこのIoTの進化におけるセキュリティーの確保に積極的に取り組んでおり、この移行をサポートするソリューションを提案している。

IoTのデバイスは、あらゆる場所においてあらゆる条件で、場合によっては非常に長期間や、多くの場合にデータ交換量が少ない条件で、接続できなければならない。省電力ネットワークはこれらの要件に対処する試みであり、長距離・遠隔地・低電力・低コストという条件で動作できる新しいネットワークやデバイスが導入されている。

OTはシエラ・ワイヤレスと、同社の耐久性のあるSIMカードが3GPPの世界におけるIoTの発展の成果に完全適合することを2017年モバイル・ワールド・コングレスのデモで示すという。OTは、3GPP技術をベースにしたトラステッドIoTの商業提供を加速させる狙いのGSMAモバイルIoTイニシアチブの積極的なメンバーだ。

【関連リンク】
ビジネスワイヤ
オベルチュール・テクノロジーズ(Oberthur Technologies)
シエラワイヤレス(Sierra Wireless)

Previous

バディネットとトリノ・ガーデン、Wi-FiとAI活用の店舗向け行動解析サービスを開始

自然言語処理技術を搭載した車載コントロールを体験 ~ニュアンス・コミュニケーションズの最新音声技術が搭載されたBMW740e実車デモレポート

Next