OSセミテック、IoTを活用した予知保全サービスを開始

半導体製造機器のメンテナンス及びエンジニアリングサービスを行うOSセミテック株式会社は、装置の異常検知をすることができる「予知保全サービス」の提供を、2017年3月に開始した。

・サービス提供の背景
生産工場における様々な設備は、生産システムとネットワークで繋がれ、そのBig Data(ビッグデータ)をAI化したホストコンピュータで解析し、設備や生産の状況をリアルタイムで把握してフィードバックすることで、高効率に生産する時代が到来した。

その中でも、装置の「予知保全」に対する期待は大きいものの、設備情報の収集・判定に対し確率したノウハウ・ツール等が存在しないため、各社は解決策に苦慮している状況にある。このような状況を踏まえ、同社は、30年間にわたる半導体生産システムの設計、導入、保守、改善により培ってきた経験とノウハウを生かし、顧客の課題を解決する有効なツールとして当ソリューションを開発した。

・サービスの概要
データ収集、データ蓄積・判定、データ解析のあらゆる機能を提供する。要望に合わせてカスタマイズが可能。また、電気工事、IoT用基板製作、ネットワーク構築に関する相談からシステム設計、構築、保守サポートまで幅広く対応可能。

<3つの特徴>
(1) 4ch汎用データロガーを用いた30万円から始められるスモールスタートから、過酷な設置環境、10年程度の耐用年数を求められるケースでの他社製PLCを用いたシステム構築まで幅広く対応可能。
(2) 判定値のシミュレーション、アイドリング状態・飛び値のフィルタリング、複数データのAND判定など高度な判定による早期の異常発見、虚報低減が可能。
(3) シンプルな操作でBig Dataを高速にビジュアル化し、予測分析が可能。

Previous

情報技術開発、AI社内手続き案内システム 「手続きNavi」提供開始、IBM Bluemixのコグニティブ技術を活用

DNP、IoTの拡大に向け、コンビニ向け低価格ICタグの開発に着手

Next