博報堂、博報堂アイ・スタジオ、マイクロソフト、顔の特徴や感情に合わせて商品やサービスの広告を出しわけるAI活用のターゲティング広告配信システムで連携

株式会社博報堂の自主開発型クリエイティブ・ラボ「スダラボ」と株式会社博報堂アイ・スタジオのビジネス開発組織「広告新商品開発室」および日本マイクロソフト株式会社は連携して、顔の特徴や感情に合わせて商品やサービスの広告を出しわけるアウトドアメディア&ターゲティング広告配信システム「Face Targeting AD(フェイスターゲティング・アド)」を博報堂のスダラボの第6弾プロトタイプとして開発した。

従来のアウトドアメディアは、送り手側が用意した広告を、その広告の前にいる人が誰であっても一様に同じ表示をしてきた。「Face Targeting AD」は、駅や街中に設置された鏡型のアウトドアメディア(デジタルサイネージ)が、鏡の前に立った人の年齢や性別はもとより、顔の特徴(メガネをかけているかどうか、ヒゲがあるかどうかなど)や表情を読み取り、クラウド上のマイクロソフトのAIがその人のその時の気分や健康状態を分析、その状態に最適な商品やサービスの広告を提示するという。

例えば、疲れているときに栄養ドリンクを画面の中に提示したり、悲しそうにしている表情ならば思い切り泣ける感動的な映画の動画広告を表示したり、その人にぴったりの商品やサービスの広告を「2WAY=インタラクティブ」に出しわける。また、動画/静止画広告の表示のみならず、鏡の中に映った顔をバーチャルに変化させることで、メガネをかけたり、泣き出したり、シワがふえたりするような、鏡の特性を活かした演出が可能。

博報堂のスダラボは「Face Targeting AD」のコンセプトおよび、演出を含めたクリエイティブ全般を担当、博報堂アイ・スタジオの広告新商品開発室は顔認証の技術開発および特徴別の広告配信システムの開発/鏡型アウトドアメディアの設計を担当、日本マイクロソフトはクラウドプラットフォームサービスMicrosoft Azure上のAIサービス「Microsoft Cognitive Services※」の実装などの技術開発サポートによって「Face Targeting AD」のプロトタイプが実現した。

今後、顔色やシミ、目のクマなどによる状態の判別など、ディープラーニングにより、顔認証の精度をあげていくことも検討するという。

※Microsoft Cognitive Servicesは、人間の認知機能モデルを、視覚認識、音声認識、言語理解、知識、検索の「5つの領域」に分類し、人工知能アルゴリズムとしてアプリケーションに追加できる、25種のツールから構成される。画像認識、音声認識は世界トップクラスの認識率。クラウドサービスとして常に機能拡大と認識率の向上が行われている。

【関連リンク】
マイクロソフト(Microsoft)
博報堂(Hakuhodo)
アイスタ(HAKUHODO i-studio)

Previous

富士通、フランスのデジタル革新に5,000万ユーロ(約60億円)以上を投資

NTTドコモと未来シェア、「AI運行バス」提供に向けた検討を開始

Next