デジタル、エッジコンピューティングを実現するデータ収集機器「マルチ・データボックス」を発売

株式会社デジタルは、生産現場で稼働する装置の情報を有効活用できるデータ収集機器「マルチ・データボックス」のハイエンドモデルを本日3月13日に発売した。

ハイエンドモデルを発売するマルチ・データボックスは、大きなコストや手間をかけずに、手軽に新旧装置のデータを活用したいというニーズを受けて開発されたゲートウェイ端末だ。生産現場の制御機器と接続してデータを収集し、さらにUSBやイーサネットを使ってオフィスPCへのデータ配信を可能にする。昨今のIoTにおけるエッジコンピューティングの実現に貢献。

ハイエンドモデルはダブルイーサネット搭載SP5000シリーズのボックスモジュールとDINレール取付けアダプターを組み合わせた端末で、情報系と制御系のネットワークセグメント化を実現する。また、DVIケーブル1本で大画面ディスプレイにも出力でき、アンドンシステム構築もサポートする。

マルチ・データボックスのハイエンドモデルとしてラインアップに加わったSP5000シリーズは、設置場所に応じてディスプレイの有無を選べるようになり、データ活用の幅を広げる。そして、デジタル化やIoTに取り組む企業の課題となるビッグデータ活用に向けた活動に、より一層貢献していくという。

マルチ・データボックス ハイエンドモデル製品特長は以下の通り。

  1. ネットワークセグメント化に最適なダブルイーサネット搭載
  2. Windowsアプリの活用が可能
  3. PLC、温調計、インバータ、ロボットなどの各種機器とプログラムレスで接続可能
  4. 推奨ソフトウェアとの組み合わせで、パソコンレスでの装置間データ共有や、タブレットでのモニタリングに対応
  5. DVIインターフェイス搭載で、大型モニターへHMI画面の出力が可能
  6. 同時に4つの異なるプロトコルを動作可能
  7. プロトコルコンバーターとして、プロトコルの統一化が可能

【関連リンク】
デジタル(Digital Electronics)
マルチ・データボックス

Previous

IoT人気記事ランキング MWC2017レポート、LPWAネットワークの実証実験など[3/06~3/12]

ルネサス、産業ネットワーク機器の開発を加速する「RZ/Nシリーズ」を発売

Next