京都大学と日立国際電気、従来比100倍のエリアをカバーするIoTデータ収集・制御用広域系無線地域ネットワーク用小型無線機の基礎開発に成功

京都大学 大学院情報学研究科の原田博司教授の研究グループと株式会社日立国際電気の加藤数衞氏の研究グループは、広域系無線地域ネットワーク(Wireless Regional Area Network: Wi-RAN)システム用無線機の小型化、基礎開発に成功した。

広域系Wi-RANシステムは、伝送レートは数Mbpsの伝送を実現しつつ、通信距離は基地局から最大数kmという、現在の携帯電話の数倍の広い通信エリアを有しており、地域に局所的設置されたモニター、センサー情報を、クラウドに伝送する基幹回線として期待がされ、実導入が進んでいる。しかし、従来の無線機は、自身で中継機能を有していなかったため、数十km等の超広域かつ広帯域なデータ収集システムを構成することの障壁となっていた。また、装置の小型化、軽量化が望まれていた。

同装置は、従来の広域系Wi-RANシステム用無線機の伝送速度を保ちつつ、従来に比べ小型かつ軽量(容積:従来比1/5、重量:従来比1/4)であるとともに、中継段数無制限のスケーラブルな多段中継機能を1台の無線機の中に具備させることにより、従来比10ー100倍である数十kmという飛躍的な通信距離拡大を実現する。

同装置開発の成功により、数十kmに存在する数百から数千のモニター、センサーから創出されたビッグデータを処理エンジンが搭載されたクラウドまで伝送する超ビッグデータ創出ネットワーク基盤の構築の研究開発が促進される。今後は、同装置の実フィールドでの実証試験、商用化に向けた機器試験を行っていく予定だという。

【関連リンク】
京都大学大学院情報学研究科(Graduate School of Informatics Kyoto University)
日立国際電気(Hitachi Kokusai Electric)

Previous

ローム、地震検知が可能な感震センサモジュール「BW9577」を開発

日立と金沢大学、電磁ノイズの発生源を特定し自動運転機器の誤作動を予防する 小型センサーを開発

Next