MOVIMAS、シャープとIoTゲートウェイによるセキュリティモジュール実装の共同実証実験を開始

株式会社MOVIMASは、シャープ株式会社と、IoTに関わる通信端末のセキュリティ向上としてMOVIMAS IoTゲートウェイによるセキュリティモジュール実装の共同実証実験を開始する。

セキュリティモジュールを実装したMOVIMAS IoTゲートウェイにて主機能確認を行い、ネットワークへのセキュアな接続性と安全な運用管理、IoTデバイスに対する脅威検知、通知、遠隔制御を検証する。実証実験場所としてMOVIMASが提供する各IoT利用領域でMOVIMAS IoTゲートウェイへのセキュア継続およびMOVIMAS IoTプラットフォームでのセキュリティ運用を検証する。

MOVIMAS、シャープとIoTゲートウェイによるセキュリティモジュール実装の共同実証実験を開始

MOVIMASは、シャープと共同開発したIoTゲートウェイにセキュリティモジュールを実装し、MOVIMAS IoTプラットフォームとあわせて製品展開を行う。また同製品を実装したMOVIMAS IoTゲートウェイは、SIerにて採用が決まっており、同実証実験をふまえてSIerのIoT案件で展開予定だという。

<今後の予定>
・2017年4月:実証実験スタート
・2017年5月:サービス提供開始
・2017年6月:遠隔制御サービス拡張開発開始

【関連リンク】
モビマス(MOVIMAS)
シャープ(SHARP)

Previous

第一生命、“健康第一”プロモートのInsTech基盤にMicrosoft Azureを採用

サンワサプライ、Raspberry PiやArduinoと組み合わせてIoTデバイスを作れるセンサーキットを発売

Next