オリックス、日本サードパーティ、人型ロボット「NAO」のレンタルサービスを開始

オリックス・レンテック株式会社と日本サード・パーティ株式会社は、2015年9月15日より、法人向けにフランスのロボット開発会社Aldebaran Robotics社製の人型ロボット「NAO」のレンタルサービスを開始すると発表した。

本サービスは、オリックス・レンテックのレンタル機能と日本サード・パーティの技術力を生かし、最短3日間、10万円(税別)からレンタルにて提供する。学校や企業でのITのスキルアップやプログラミング研修の教材、各種イベントの受付や接客など、企業のさまざまな用途での短期の利用ニーズに応えるという。

日本サード・パーティは、NAOに会話などをプログラムする技術者の派遣や、NAOを使用したコンピューター技術者の育成サービスも提供する。また、2015年6月16日より、オリックス・レンテックの東京技術センター(町田市)で、NAOを活用してセンターの見学者向けに施設案内を行っている

NAOは、これまでに世界70カ国、6,000体以上が販売されており、日本でも約400体が大学や研究機関を中心に導入されている。最近では、商業施設での催事やイベント、金融機関などでの顧客案内や接客などに活用されている。

Previous

電通、ワン・トゥー・テン・ロボティクスと業務提携

EY総合研究、人工知能の市場規模は2030年に86兆円に拡大すると推計

Next