アプリックス、全天候型「MyBeacon® MB901 Ac」を提供開始、Beaconで公共インフラを支援

アプリックスIPホールディングス株式会社は、防塵、防水、難燃規格を高い水準でクリアした強化型「MyBeacon® MB901 Ac(以下「MB901」)」の提供を開始したことを発表した。

アプリックスでは、1年以上も前からGPS電波が届かない地下や屋内でも利用可能であるBeaconの特性を最大限に生かすための実験・検証を行なうと共に、その運用ノウハウなどを蓄積してきた。このノウハウを最大限に反映させたアプリックスの「MB901」は、トンネルのような特殊空間においても安定した電波特性を発揮。また、短時間でより多くの施工が可能な高い施工性、メンテナンス性も備えている。

MB901の強靭なケースは、屋外広告や案内板、海岸沿いの公共施設など、風雨にさらされる過酷な設置状況にも耐えられるよう、防塵、防水、難燃の各国際規格をクリア。さらに、日本を始め世界50カ国を超える電波法の認証も取得済み、電源工事不要で約5年の長期稼働を特徴とした全天候型Beaconだ。これにより、鉄道や道路のような公共インフラでのICT化をグローバルにサポート可能だという。

・採用事例:東京メトロ東西線トンネルの一部区間
(「公共インフラ」を支援するBeaconとしての採用は世界初※)
※公共インフラの保守・保全を支援するBeaconとして。2015年9月アプリックス社調べ。

Previous

EY総合研究、人工知能の市場規模は2030年に86兆円に拡大すると推計

ジグソーとFFRIがIoTセキュリティ分野において提携

Next