NTT西日本とNTTネオメイト、ドローンを活用した「太陽光パネル点検ソリューション」の提供開始

西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)と株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(以下、NTTネオメイト)は、本日3月24日より、ドローンを活用したメガソーラー事業者向けの太陽光パネル点検ソリューションの提供を開始した。

同ソリューションはドローンとサーモカメラの空撮により、広大な太陽光パネルの異常箇所を短時間で発見し、レポートを作成する。メガソーラー事業者は、同ソリューションを利用することにより、従来の人手による点検作業の省力化が期待できる。特長は以下の通り。

  • 全国(※1,2)でのワンストップサービス
    全国を提供エリアとして、飛行申請からドローンを活用した撮影、撮影画像・映像の加工・解析、レポート作成まで提供。
  • メガソーラー保守業務のコスト削減
    ドローンやサーモカメラ等の最先端技術を活用したメガソーラー点検業務を低廉な価格で利用可能。
  • 高品質なメガソーラー点検の提供
    ドローンの自動航行機能により、高さ、角度をコントロールしながら空撮することで撮影漏れを防止し、すべてのパネルを均一な品質で撮影できる。

各社の役割は以下の通り。

  • NTT西日本
    ・ICTを活用した社会的課題の解決に向けた、同ソリューションの企画検討、アライアンスの推進
    ・スマート光ソリューションの実績や、NTT研究所技術をはじめとする最新技術の調査により得た技術・ノウハウの提供
    ・空撮データの送受信に関わるセキュアなネットワークサービスの提供
  • NTTネオメイト
    ・ドローンとサーモカメラを使った画像および映像データの取得、分析等の点検作業
    ・点検作業を通じたノウハウの蓄積

提供料金および提供方法は以下の通り。

  • 提供料金:15万円(税抜)~/(2MW・1拠点)※3,4
  • 提供方法:個別契約

今後、NTTグループのAI技術「corevo」の一つである変化点検出技術を中心にさまざまな技術連携を図り、異常解析をさらに高品質かつ短時間に実現できるシステム開発を推進する。NTT西日本グループは、ドローンやセンサー、AI等の最先端技術を活用したデータ解析ビジネスをエネルギー分野だけでなく、建設、農林水産、観光・レジャー、防犯・防災など広範な分野に提供し、社会全体の課題解決に貢献していくという。

※1 ドローンの飛行条件など、安全性に鑑み提供ができない場合がある。
※2 NTT西日本が提供するネットワークサービスは西日本エリアのみの提供となる。
※3 利用条件に沿って価格を見積もる。
※4 ドローンパイロットの交通費は別途発生する。

【関連リンク】
NTT西日本
NTTネオメイト(NTT-Neomeit)

Previous

MOVIMAS、6次産業化を見据えた小型で安価な環境計測IoTサービスを提供開始

日立、ビーコン活用で施工現場での作業者の行動を見える化する動態管理サービスを提供開始

Next