インヴェンティット、ベトナム郵政通信総公社VNPTグループの 移動体通信事業者VNPT-VinaPhoneとIoT / M2M分野で覚書締結

インヴェンティット株式会社は、2015年8月18日付でIoT / M2M分野において、ベトナム国営通信企業グループVNPT傘下のヴィナフォン(VNPT-VinaPhone)と実証実験(POC)開始の覚書を締結したことを、本日発表した。

VNPT-VinaPhoneは、1996年に設立されて以来、モバイルネットワーク、インターネットサービスを中心に、ベトナムで約3,600万人の携帯電話加入(2014年ベース)を保有するベトナム最大級の通信キャリアとして、幅広く事業を展開している。

ベトナムでは、急速な経済成長に伴い、インターネット・モバイルネットワークのインフラ等の整備が整えられつつある。

一方で、道路や水路、河川などの整備が不十分であり、これらを定期的に遠隔から保守・管理するニーズがある。同様に、農業、運輸、製造、小売業界の現場や、日系工業団地造成に伴う製造メーカの進出などで、遠隔からの管理、メンテナンスのニーズが日本国内同様に高まりつつある。

今回、このような市場ニーズにいち早く対応すべきと判断したVNPT-VinaPhoneは、同社のIoT / M2Mプラットフォーム「ServiceSync」を活用したVNPT-VinaPhone独自のソリューション開発に着手した。開発プロジェクトの第一弾として、実証実験(POC)を共同で開始する。

■ソリューション提供イメージ
VNPT-VinaPhoneのデータセンター上に、「ServiceSync」をベースとしたIoT / M2Mのプラットフォームを構築し、そのプラットフォーム上で、アプリケーション開発しソリューションサービスとして顧客へ提供する

img_74019_1

Previous

ハードウェア製造大国・台湾政府と協業、アジアから世界を狙う日本のIoTスタートアップ -ハタプロ 伊澤 CEO インタビュー 

エレクトロビットがインフォニオン、NVIDIAと提携し自動運転プラットフォームを提供

Next