TelitのCat.1 LTEモジュール、NTTドコモの相互接続性試験を完了

Telit Wireless Solutions(以下、Telit)は、「LE910-JN1」モジュールが移動体通信事業者であるNTTドコモの相互接続性試験(IOT)を完了したと発表した。

このNTTドコモの相互接続性試験(IOT)を完了した「LE910-JN1」LTEカテゴリ1(Cat 1)モジュールは、コスト最適化ソリューションを必要とするアプリケーション向けに設計され、音声、データ、ビデオなどのアプリケーションに十分な性能を備えているという。28.2 × 28.2 × 2.2mmのフットプリントと、xE910製品ファミリとのピン及びソフトウェア互換性によって、他の4Gや3G製品ファミリーへの移行が容易になるとしている。

今回IOTを完了したCat 1モジュールは、IoTのアプリケーションにて、運用コスト、サイズおよび消費電力の最適化に貢献し、より高速な4Gデバイスと比較して設計コストと複雑さが低減するため、フリート管理、資産追跡、セキュリティ/監視、POS、スマートメーター等、迅速な市場投入が求められるアプリケーション分野に適しているという。

「LE910-JN1」は、ダウンリンクが最大10Mbpsのデータレート、アップリンクが最大5Mbpsのデータレートを備えており、これは現在の大部分のIoTアプリケーションにとって十分以上の性能だという。Telit IoT Portal対応のこのモジュールはxE910ファミリの製品で、小型デザインと広い動作温度範囲を備えるIoTアプリケーションおよびモバイルデータ/コンピューティング機器に適しているプラットフォームだとしている。

【関連リンク】
テリット(Telit)
NTTドコモ(NTT docomo)

Previous

IoT人気記事ランキング MWC2017アクセンチュアデジタルの見せた近未来、イッツコムのインテリジェントホームなど [3/20~3/26]

NSW、PTC、HPEの3社協業で「ファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージ」を提供開始

Next