SBT、サイバートラスト、ミラクル・リナックス、ルネサスの提供するIoTデバイス開発のエコシステムを構築・運用支援

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(以下、SBT)、サイバートラスト株式会社、ミラクル・リナックス株式会社は、ルネサス エレクトロニクス株式会社(以下、ルネサス)が4月11日より開設する「産業向けルネサスマーケットプレイス」の開発・運用支援をはじめ、産業機器向け高性能プロセッサのRZ/Gシリーズを活用するIoTサービスのエコシステム構築から運用までを包括的に支援することを発表した。

今回の取り組みは、3社それぞれがもつ実績やノウハウとSBTグループのシナジーを活かしたもので、ルネサスの高機能プロセッサ「RZ/Gシリーズ」で動作検証済みのソフトウェアや開発ツールをクラウド上でワンストップ提供するほか、製品製造時点で電子証明書を組み込むことにより、ソフトウェアアップデートをセキュアに実行できる仕組みを提供し、IoTデバイス開発のエコシステムを支援する。

これにより、ルネサスのRZ/Gを利用する組込み機器メーカーは、開発開始から運用のフェーズまでのトータルなソリューションを活用し、機器のインターネット接続(IoT分野)への参画を、短期間でコストを抑えて実現できるという。SBT、サイバートラストとミラクル・リナックスは、RZ/Gのエコシステムにおいて、産業機器メーカー、ルネサスの販社、およびルネサスにプロダクトを供給するソフトウェアベンダーなどを対象に以下のサービスを実現する。

  • IoTデバイスの開発に必要なRZ/Gで動作検証済みのハードウェアからミドルウェア、ソフトウェアをマーケットプレイスで販売する仕組みを提供
  • RZ/Gシリーズに最適化したOSを短期で容易に作成できる開発環境をクラウド上で提供
  • 製品製造時点で電子証明書を組み込むことにより、出荷後のソフトウェアアップデートをセキュアに実行できる仕組みを提供
  • 電子証明書技術の活用により、製品自身の認証だけでなく、開発者、ソフトウェアを含めてトータルで認証する仕組みを提供

各社の役割は以下の通り。

  • ソフトバンク・テクノロジー株式会社
    Microsoft Azure上に「RZ/G Linuxプラットフォーム」および「ルネサスマーケットプレイス」、マーケットプレイスで提供される開発支援ツールを開発。また、運用保守の提供。
  • サイバートラスト株式会社
    RZ/Gシリーズベースの製品製造時に組み込む電子証明書の発行およびソフトウェアアップデートサービス接続のための開発支援。
  • ミラクル・リナックス株式会社
    「RZ/G Linux プラットフォーム」の開発支援、ソフトウェアやデータの更新をセキュアに行うソフトウェアアップデートサービス「MIRACLE Secure OTA(※)」の開発(2017年夏よりルネサスマーケットプレイスにて提供開始予定)と運用。

※MIRACLE Secure OTAは、認証されていないソフトウェアの侵入を防ぐための、IoT向けソフトウェアアップデートシステムで、ルネサス製 RZ/Gシリーズで利用可能。無線ネットワークを利用してデータの受信や同期を行う際に、全ての通信を暗号化し、複数の証明書を利用し相互認証を行なうことで、認証されていない攻撃者によるソフトウェアの改変や展開を防ぎ、ファイアウォール、OS、アプリケーション、コンテンツの正しい動作を保証するという。

【関連リンク】
ソフトバンク・テクノロジー(SBT)
サイバートラスト(Cybertrust)
ミラクル・リナックス(MIRACLE LINUX)
ルネサス(Renesas)
産業向けルネサスマーケットプレイス

Previous

米PTCとデロイト、企業のIoTソリューション構築、展開、管理を支援

攻殻機動隊 REALIZE PROJECT、産学連携した新プロジェクトを発表

Next