PSソリューションズ「第1回 農業IoTアワード」開催、IoTで1粒1,000円のいちごを生産するGRAがグランプリ受賞

ソフトバンクグループのPSソリューションズ株式会社は、「第1回 農業IoTアワード」の最終選考会を実施した。

「第1回 農業IoTアワード」は、日本国内の団体・組織・企業・個人を対象に、「農作物栽培において、IT/ICTおよびIoTを活用した取り組み」を広く公募し、優れた取り組みに対して表彰するもの。選考は、選考委員会によって二段階で行われ、一次選考は書類選考を実施。一次選考を勝ち抜いた9団体が3月28日に開催された最終選考会にてプレゼンテーションを行った。最終選考会では、選考委員が総合的に評価し、株式会社GRAを「第1回 農業IoTアワード グランプリ」として選出した。

株式会社GRAは伝統的な職人の技を定量的に分析し、IoTを活用したイチゴ栽培に取り組んでいる。職人による栽培過程の定量化に加えて、映像を活用した研修による新規就農者の育成など、農業における先進的な取り組みが評価された。

【グランプリ】
・農業IoTアワード      株式会社GRA

【最優秀賞】
・最優秀農業生産者賞     株式会社GRA
・最優秀地方自治体賞     与謝野町
・最優秀農業協同組合賞    JA栗っこ
・最優秀事業モデル賞     株式会社ヤマタネ
・学術研究奨励賞       北海道士幌高校

【特別賞】
・選考委員会特別賞      宮崎県立農業大学校 テラスマイル株式会社
・協賛企業特別賞       デザミス株式会社 Listenfield Co.,Ltd.
・ベストプレゼンテーション賞 デザミス株式会社

【関連リンク】
ソフトバンク(SoftBank)
PSソリューションズ(PS Solutions)
ジーアールエー(GRA)

Previous

DMM.com、企業向けIoT人材育成研修サービス開始

シーイーシーと古野電気、ETCを活用した渋滞緩和支援システム、東京港でトライアル運用開始

Next