日本精工とWHILL、パーソナルモビリティの創出と普及に向けて資本提携

日本精工株式会社(以下、NSK)は、WHILL, Inc.と資本提携を行った。

高齢化社会の急速な進展に伴い、介護福祉用途に加え、より自由で安全・快適な移動支援の手段としてパーソナルモビリティの需要増大が見込まれている。このような中、WHILLは、年齢や身体的な状態に依らず、誰もが乗ってみたいと思える、モビリティ(移動手段)を実現したい、という企業理念のもと、新しいパーソナルモビリティの開発、市場創造に取り組んでいる。

NSKはWHILLの企業方針に賛同し、資本提携によってWHILLを支援することにした。同提携により、NSKの要素部品技術やメカトロ技術と、WHILLのモビリティ開発技術を融合し、パーソナルモビリティの創出と普及に向けて、連携を図っていく。その第一歩として、NSKはWHILLのパーソナルモビリティの特長である、軽快な動きを支えるオムニホイールに信頼性が高く、スムーズに回転する軸受(ベアリング)を提供していくと共に、ユーザーにとってより便利で魅力的な機能を、連携して実現していくとしている。

【関連リンク】
日本精工(NSK)
WHILL

Previous

ソフトバンク、M2M用途でジェムアルトと提携

ファーウェイ、HUAWEI Watch 2の接続にOTのeSIMを採用

Next