Will Smart、YKK APの未来窓「M・W」の次世代モデル開発パートナーに決定

株式会社Will Smart(ウィルスマート)は、YKK AP株式会社が企画する、コンセプトモデル “未来窓「M.W(ムー)」“の次期コンセプトモデル開発パートナーとして選ばれた。

「M.W」は、窓枠をなぞったり窓ガラスに手をかざしたりすることで操作が可能で、窓がディスプレイになり、その日の天気、花粉の飛ぶ量、紫外線の強さ、テレビなどを映すことができ、また、外の暗さに応じてブラインドやカーテンの映像を映すことも可能な“未来の窓を考えて形にするプロジェクト”『未来窓』のコンセプトモデルとして、2016年に発表された。今回の取り組みは、そのコンセプトモデルをより進化させるべく、新たな部品群や機能を加えて刷新した次世代モデルの開発となる。

開発は現在進行中で内容については今後開示予定。数年後の実用化を目指し、YKK AP株式会社のパートナーとして、同社が有する液晶技術、組み込み系ソフトウェア技術等を駆使し、その実現に貢献していくとしている。

【関連リンク】
ウィルスマート(Will Smart)
ワイ・ケイ・ケイ エイ・ピー(YKK AP)
M.W(ムー)

Previous

経済産業省、IoT・ビッグデータ・AIの活用により産業保安のスマート化に先行的な25社の取組みを発表

メカトラックス、ラズベリーパイ用高精度A/D変換モジュール「ADPi Pro」のサンプル販売を開始

Next