キーサイト・テクノロジー、NB-IoTデバイスのテスト時間短縮に向け中国電信と連携

キーサイト・テクノロジーズ・インクは、狭帯域IoT(NB-IoT)チップセットとモジュールの認証作業を促進するツールとして、同社携帯電話IoTテストソリューションが中国電信(China Telecom)に採用されたことを発表した。キーサイトの携帯電話IoTテストソリューションは、E7515A UXM ワイヤレステストセットをベースとした、中国電信のNB-IoT RFコンフォーマンステストと消費電力検証をサポートできる唯一のオールインワン・テスト・プラットフォーム。

NB-IoTは、3GPPによってIoT用に規格化された、狭帯域携帯電話無線テクノロジー。NB-IoTを利用すると、通信プロバイダーは多様なIoT アプリケーションシナリオを提供し、既存の民生用ネットワーク上でIoTサービスを提供できるようになる。中国電信をはじめとする多くの通信プロバイダーが、ここ数か月の間にNB-IoTネットワークの立ち上げ計画を発表している。

通信プロバイダーは、相互運用性の確保、バッテリー寿命の最適化、さまざまなチャネルシナリオでの最高性能の実現など、NB-IoTの商用化に向けた新たな課題がある。

キーサイトと中国電信は、最高品質のNB-IoTをエンドユーザーに提供するため、NB-IoTテストプランを共同で進めている。チップセット、モジュール、デバイスの各メーカーやテストラボが、新しい NB-IoT アプリケーションを展開する際に、キーサイトの携帯電話IoTテストソリューションで実環境の条件をシミュレートすることで、消費電力、RF 性能、相互運用性などの重要な性能を検証することができる。

【関連リンク】
キーサイト・テクノロジー(Keysight Technologies)
チャイナ・テレコム(China Telecom/中国電信)

Previous

富士通とグリッド、AIサービスの共同開発で協業

メガネスーパー、ウェアラブル領域における成長戦略を加速させるため新会社「Enhanlabo」を設立

Next