GE、丸紅の火力発電所向けPredixソリューション導入始動

GE Power(以下、GE)と丸紅株式会社は、丸紅が所有する中袖クリーンパワー発電所(以下、中袖クリーンパワー)に、GEが開発した産業向けクラウドプラットフォーム「Predix(プレディックス)」で稼動する火力発電所向けソリューションを導入することに合意した。2017年4月から当該ソリューションの導入を開始し、2018年3月から本格稼働が予定されている。

中袖クリーンパワーは天然ガス焚き複合火力(コンバインド・サイクル)の発電施設で、稼動するガスタービン(LM6000 PDx2 基)や蒸気タービンなどの発電機器の予防保守をおこなう予兆検知のための「アセット・パフォーマンス・マネジメント(APM)」やプラントの運用効率を改善するための「オペレーション・オプティマイゼーション(OO)」を導入することで、収益増とコスト削減を目指すという。

丸紅は発電事業の運営に携わっている。中袖クリーンパワーで培った経験およびノウハウを、今後丸紅が所有する世界中の発電施設へ展開していく方針としている。

今後、GEは発電機器および発電施設における効率改善や保全計画の最適化だけではなく、Predixを用いて国内・海外を含め複数の発電施設の稼働状況を解析・分析し、「ビジネス・オプティマイゼーション(BO)」と呼ぶ事業の収益最適化も見据え、丸紅とのさらなる協業を進めていくとしている。

【関連リンク】
GE(General Electric)
丸紅(Marubeni)

Previous

MOVIMASとスマートブルー、ソーラーシェアリング対応IoTソリューション「MOVIMAS AGR」による 高単価作物栽培の実証事業を開始

マイクロソフトと小柳建設、「Microsoft HoloLens」を活用したプロジェクト「Holostruction」の推進で連携

Next