マイクロソフトと小柳建設、「Microsoft HoloLens」を活用したプロジェクト「Holostruction」の推進で連携

小柳建設株式会社と日本マイクロソフト株式会社は、Windows 10を搭載した自己完結型ホログラフィック コンピューター「Microsoft HoloLens」(マイクロソフト ホロレンズ、以下 HoloLens)を活用したプロジェクト「Holostruction」(ホロストラクション)の推進にて連携する。

小柳建設は、日本マイクロソフトと連携し、建設業における計画・工事・検査の効率化、および、アフターメンテナンスのトレーサビリティを可視化するコンセプトモデルを開発した。今後、継続的に開発を行い、将来的な実用化に向けて取り組んでいく。業務生産性とトレーサビリティの向上を目指してHoloLensを活用するのは、建設事業者として国内で初めてだという。

建設業界は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックや、2027年開業予定のリニアモーターカーなどによる需要の高まりと、高齢化に伴う労働力人口の減少から、技能労働者不足が年々深刻化し、2025年には47~93万人の技能労働者が不足するといわれ(注1)、担い手の確保・育成に加えて、生産性の向上が最優先課題となっている。また、政府主導による「i-Construction」(ICTの全面的な活用、コンクリート工の規格の標準化、施工時期の平準化)が推進されるなど、建設事業者にとって、様々な課題や新しい規格などへの迅速な対応が求められている。

日本マイクロソフトが2017年1月から国内の法人と開発者向けに提供開始したHoloLensは、目の前の現実世界の中に、3Dの仮想物体であるホログラフィックを重ねて表示させることで、現実世界と仮想世界を複合させて、それぞれの長所を活かした「Mixed Reality」(複合現実)を実現する新しいデバイス。

VR(Virtual Reality)デバイスと異なり、現実世界が見えている状態のまま、ホログラフィックも見えて操作でき、音声やビデオを使って遠隔地の同僚と、同じ複合現実の世界を共有しながらオンライン会議もできることから、小柳建設では、国内での発売前から、HoloLensを活用することで、建設事業者の様々な課題の解消や軽減を実現できるものと考え、マイクロソフトがグローバルで提供するHoloLensの開発プログラムをマイクロソフトコーポレーションと締結することで、マイクロソフトコーポレーション、および、日本マイクロソフトのコンサルティングサービスと連携してコンセプトモデルを開発してきた。

小柳建設では、HoloLensを活用し、以下の3つのコンセプトモデルの開発を進めており、今後の実用化を目指すとともに、様々な活用方法を検討していくとしている。HoloLensを活用した小柳建設のコンセプトモデルの概要は以下の通り。

  1. 業務トレーサビリティ向上を推進
    建設事業者として事業や業務の透明性を確保するために、様々なデータのデジタル化が必要となる。今回のコンセプトモデルでは、全ての
    業務トレーサビリティを確保する仕組みを開発。計画、工事、検査、アフターメンテナンスの全てを表現するツールとしての活用と、政府が推進するi-Constructionを後押しできることを目指している。
  2. BIM / CIM(注2)データの活用試行
    建設現場における工事の検査において、検査員の不足や負担が課題となっており、建設事業者として、BIM/CIMデータを活用した、直感的な新しい検査基準の検討、検査文書の作成負担を軽減する試行策に取り組んでいる。今回のコンセプトモデルでは、設計図を3Dで可視化しつつ、検査に必要なデータや文書も一緒に格納し、必要な時にすぐ表示できる仕組みを開発している。
    マイクロソフトと小柳建設、「Microsoft HoloLens」を活用したプロジェクト「Holostruction」の推進で連携
  3. 新しいコミュニケーションアイデアの試行
    建設業務には、数多くの会社や人が介在するのに加えて、建設現場の中には物理的に行き来が難しい場所や危険な場所もある。HoloLensを活用することで、そうした物理的な場所にとらわれずに現場の状況を確認したり、遠隔地の人と視界を共有したりできるため、小柳建設では、工事の安全やコミュニケーションの迅速化にも貢献できると考えている。今回のコンセプトモデルでは、3DグラフィックでHoloLensに映し出される図面や現場視界を共有する機能、実物大の1/1スケールで実際にその場にいるかのような体験、建設重機や作業員の配置を計画段階からシミュレーションする機能も開発している。
    マイクロソフトと小柳建設、「Microsoft HoloLens」を活用したプロジェクト「Holostruction」の推進で連携

小柳建設は、これらのコンセプトモデルの開発・運用、および今後の導入に向けて、HoloLensに加えて、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」や、「Office 365」「Dynamics 365」をはじめとする最新テクノロジやツールも併用するなど、今後も新たな技術活用に積極的に取り組むことで、建設業における事業、業務、行動をデジタル化する変革を推進していくという。

日本マイクロソフトでは、コンサルティングサービスが中心となって、小柳建設と日本マイクロソフトのパートナー企業であり、コンセプトモデルの開発協力を行った株式会社ティーケーネットサービス、およびマイクロソフト コーポレーションと連携しながら、HoloLensや複合現実を用いたソリューションの実用化に向けた技術支援を行ってきた。今後も小柳建設のデジタルトランスフォーメーションの推進において、信頼されるパートナーとして、拡充シナリオの支援や研究・開発など、コンセプトモデルの実稼働に向けて、技術的な側面から支援していくという。

(注1)出典:国土交通省中央建設業審議会・社会資本整備審議会産業分科会建設部会基本問題小委員会 平成28年審議 中間とりまとめ
(注2)BIM(Building Information Modeling)/ CIM(Construction Information Modeling):設計から工事、メンテナンスに至るまで建造物ライフサイクル全体のモデルに蓄積された3Dデータなどのすべての情報を活用する仕組み

【関連リンク】
小柳建設
マイクロソフト(Microsoft)
ティーケーネットサービス(TKNETservice)

Previous

GE、丸紅の火力発電所向けPredixソリューション導入始動

富士通と横浜市住宅供給公社、IoTを活用した高齢居住者の見守りサービスで協業

Next