ホンダ、京都大学と人工知能の新たな共同研究を開始

Hondaの研究開発子会社である、株式会社ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(以下、HRI-JP)は、人工知能(AI)の研究を加速させるため、京都大学 大学院情報学研究科とプロジェクトチームを立ち上げ、2017年4月より新たな共同研究を開始した。

Hondaは「人の感情を理解し共感できること」「人に寄り添い、共に成長していくこと」「主役である人の可能性を拡大していくこと」ができる“人と協調するAI”の開発を目指している。

この新たなAIの開発を加速するため、HRI-JPは京都大学 大学院情報学研究科 知能情報学専攻とプロジェクトを立ち上げ、共同研究を開始した。このプロジェクトでは、熊田孝恒教授が代表を務め、さらに、専攻長である鹿島久嗣教授も参画し、“人と協調するAI”が広く社会に受け入れられ、活用されるためのコンセプトの確立を目指すとしている。

Hondaは、将来、そのAIを搭載したモビリティやロボットが、信頼できる家族のようになり、生活の一部として人に役立つ社会を描いている。

【関連リンク】
ホンダ(HONDA)
ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(HRI-JP)
京都大学(Kyoto University)
京都大学大学院情報学研究科(Graduate School of Informatics Kyoto University)

Previous

富士通、インテルのペナン工場でIoTを活用した工場全体の生産効率可視化システムの共同実証を開始

富士通クラウドテクノロジーズ、製造業とサービス業のIoT活用状況は37%が「検討」以上の段階にあるとIoT実態調査結果を公表

Next