プロドローン、アイサンテクノロジーとの協業による3次元空間情報ソリューション 高精度3次元地図計測用、自律型無人飛行機(UAV)の開発を発表

株式会社プロドローンは、アイサンテクノロジー株式会社と共に、急速にニーズの高まる3次元地図市場において、モービルマッピングシステム(以下、MMS)と組み合わせ、トータルの3次元空間情報ソリューションを実現する、高精度な3次元地図計測を目的とした、「3次元空間情報取得向け、自律型無人飛行機(以下、UAV/Unmanned aerial vehicle)」の開発を行うことを発表した。

 

目的

現在、産業用UAVの普及が急速に進む中、測量市場においてもその利活用が始まっている。プロドローンは、産業用ドローン分野での機体メーカーであり、高い技術力に基づくワンストップサービスを提供している。

アイサンテクノロジーは、2010年よりMMSを利用した高精度3次元地図ソリューションを開始し、公共測量やインフラ維持管理、道路施設管理分野において数多くの販売・業務実績を有しており、昨今では、次世代ITSや自動走行といった自動車業界における、高精度3次元地図の利活用を推進している。

他方、米国のGPSや日本の準天頂衛星をはじめ、複数の衛星測位システム(以下マルチGNSS)の利用が可能となってきており、移動体の位置精度の飛躍的向上やその可用性はこの数年で著しく進展している。

アイサンテクノロジーはそれらマルチGNSSを利用した高精度な位置情報取得の技術を有している。

同社は、アイサンテクノロジーが有するMMS及びマルチGNSSを活用する高精度3次元地図の計測技術と、同社のUAV技術との融合モデルによる、トータル3次元空間情報ソリューションを開始する。

 

【実施内容】

1. 測量用 UAV の開発
UAVは、2016年1月の正式発表、2016年4月の正式リリースを目標として開発を進める。

2. リリース予定製品の特長は以下の通り。
① プロドローンの開発するハイスペックな大型4枚羽機をベースとして開発
② 自律型UAVを用いることによる、自動飛行、自動帰還等のコントロール機能の搭載
③ 高度なフェールセーフ機能の実装
④ 準天頂衛星を利用した高精度測位システムの搭載
⑤ 高解像度カメラを搭載した、写真測量システムの実装
⑥ 長距離・高密度レーザースキャナによる、3次元レーザー点群測量システムの搭載

3. 発売予定価格および販売目標については、現在未定。

4. アイサンテクノロジーが提供する、測量用UAVを利用した高精度3次元地図作成サービスへの技術支援
同社は、3次元地形モデルの作成を目的とする、MMSや屋内3次元計測技術と組み合わせたトータル3次元地図作成サービスにおいて、UAVに係る技術支援を担当。
同社は、アイサンテクノロジーの高精度3次元計測技術と、当社が有するUAVについての高い技術力を活かし、測量業界向けのオンリーワンUAVを開発し、2社協業体制による販売推進を行う。

Previous

IoTでヘルスケアが変わってきた -アニス・ウッザマン氏 インタビュー 第二回

オムロン、車載用前方監視センサー「LiCam(ライカム)」を開発

Next