ユビキタスとソーバル、IoTトータルソリューションの提供で協業

株式会社ユビキタスと、ソーバル株式会社はIoTトータルソリューションの提供に関して、協業を推進することを発表した。

ユビキタスは、2017年3月31日にIoTクラウドプラットフォーム事業をソーバルに事業譲渡した。これに伴い、ユビキタスが開発した「dalchymia」は、ソーバル社のIoTデータハブ「dalchymia」として2017年4月1日より提供を開始し、顧客企業にはこれまでどおりIoTトータルソリューションを提供している。

ユビキタスの組込みソフトウェア技術と、ソーバルの強みであるシステムインテグレーション、アプリケーション開発力の組み合わせによって、顧客の要望にタイムリーに対応できる体制を実現し、拡大するIoT分野でのビジネス展開を目指すとしている。

【関連リンク】
ユビキタス(Ubiquitous)
ソーバル(Sobal)

Previous

サイレックス・テクノロジー、メッシュ対応ワイヤレスLAN技術を開発

ビズライト・テクノロジー、Wi-FiとRTCを搭載したArduino互換ボード「BiZduino」発売

Next