シャープ、ヤフーのスマートフォンアプリ「myThings」の「ともだち家電」に対応を開始

シャープ株式会社の「ともだち家電」は、ヤフー株式会社のスマートフォンアプリ「myThings」に10月6日から開設される「ともだち家電チャンネル」に、対応を開始する。

「ともだち家電」は、インターネットにつながることで、まるで「ともだち」のように、利用者の使い方や環境にフィットした音声アドバイスや運転をしてくれる家電だ。搭載された「ココロエンジン」がクラウドにつながり連携することで、家電が「ともだち」のように頼れる存在に進化する。

 

「myThings」は、IoT製品やインターネットサービスを組み合わせて新しい使い方を生み出し、利用者の生活を便利にするアプリケーションだ。

その中には複数のチャンネルが用意されており、今回新たに開設される「ともだち家電チャンネル」では、「myThings」対応のIoT製品やインターネットサービスと、お手持ちの「ともだち家電」を組み合わせることができる。

「myThings」対応のIoT製品でセンシングした情報やインターネットサービスの情報を元に、利用者が指定した条件に基づいて設定した任意の言葉を、「ともだち家電」から発話させることができる。

例えば、IoT製品との連携では活動量計が朝起きたことを検知したら、寝室のエアコンが「おはよう。今日はトレーニングの日だよ。目標達成目指して頑張ってね」と声をかける。

またインターネットサービスとの連携では、SNSに自分が関心を持っているトピックの書き込み情報が投稿されたら、「ともだち家電」がその書き込み内容を発話することができる。

同社の「ともだち家電」は、様々な機器やサービスがインターネットとつながるIoT時代に向けて、各社から提供されるインターネットサービスや機器ともオープンに連携することによって、人に寄り添い、新しい価値を提供していく。

 

<対応製品 (2015年10月2日現在)>

・ロボット家電COCOROBO <RX-V200>
・ヘルシオ<AX-XP1WF>
・ドラム式洗濯乾燥機<ES-Z300>
・空気清浄機<KI-WF100/75、KI-EX100>
・エアコン<2015年度製E-SXシリーズ>

* 空気清浄機<KI-EX100>は、別売の家電ワイヤレスアダプター<HW-A01>との接続が必要。
* エアコン<2015年度製E-SXシリーズ>は、別売の家電ワイヤレスアダプター<HW-A01AY>との接続が必要。

 

<myThings「ともだち家電チャンネル」における発話設定例>

myThingsのチャンネル一覧から任意のサービス・機器を選び、「サービス・機器の状態が○○になったら(トリガー)、ともだち家電に△△と発話させる(アクション)」というように設定することができる。

(例) 毎週土曜、日曜日に活動量計が起床を検知したら、ともだち家電(エアコン)に「おはよう。今日はトレーニング頑張って。」と発話させる場合の設定方法

シャープ、ヤフーのスマートフォンアプリ「myThings」の「ともだち家電」に対応を開始シャープ、ヤフーのスマートフォンアプリ「myThings」の「ともだち家電」に対応を開始

Previous

オムロン、車載用前方監視センサー「LiCam(ライカム)」を開発

ファーウェイ、OpenStackベースのクラウド・ディザスタ・リカバリ・ソリューションを発表

Next