NEC、ディープラーニング技術を搭載したソフトウェア領域のパートナー制度を強化

日本電気株式会社(以下、NEC)は、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の一つであるディープラーニング(深層学習)技術を搭載したソフトウェア製品「NEC Advanced Analytics – RAPID機械学習」(以下、「RAPID機械学習」)(注1)のパートナープログラム「RAPID WORKS」(注2)を新設し、本日5月9日よりパートナー企業を募集開始した。

昨今、AIを活用して各業種・業務課題を解決する動きが活発になっている。「RAPID WORKS」では、各パートナー企業による「RAPID機械学習」を活用した製品・サービスの強化や新たなソリューション創出を強力に支援するという。

なお、「RAPID WORKS」新設を機に、2004年に開始したソフトウェアパートナー制度の名称「Partner Program for Software」(注3)を「NEC Software WORKS」に変更するとともに、特典メニューを一新、今後対象製品を順次拡大する予定。

特典メニューには、パートナープログラムごとに、パートナー企業に合わせたソフトウェア製品の活用シナリオやビジネスコンセプトを検討する「ビジネス共創ワークショップ」、持ち寄ったアイデアを出し合いながらソリューション開発を進める「技術交流会」など、ビジネス面や技術面における19のメニューを提供。

NECは、社会ソリューション事業に注力しており、同制度を通じ、パートナー企業が保有するノウハウ・知見とNECのソフトウェア製品を組み合わせたソリューション共創を加速していくとしている。

「NEC Software WORKS」の主な特長は以下の通り。

  • 「RAPID WORKS」について
    同プログラムは、自社の製品・サービスへ「RAPID機械学習」を組み込んだソリューションを提供する「ソリューションパートナー」、構築・導入コンサルテーション・運用支援など「RAPID機械学習」に関連する技術支援サービスを提供する「テクニカルパートナー」の2カテゴリのビジネスパートナーが対象。同プログラムを通じて、パートナー企業とNECが共に成長し、外観検査、故障予兆検知、不正検知、マーケティング分析、人材マッチングなど「RAPID機械学習」を活かした新たなソリューション創出と展開を目的にエコシステムの構築を目指す。

    なお既に、15社のパートナー企業が同プログラムへの賛同を表明している。(SCSK株式会社、株式会社SJC、NECネッツエスアイ株式会社、NECフィールディング株式会社、株式会社グロスディー/NDIソリューションズ株式会社、佐鳥電機株式会社、日本事務器株式会社、日本電気通信システム株式会社 他6社)

    さらに、同プログラムにおけるソリューション創出に必要なプラットフォーム提供企業としてアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社、日本オラクル株式会社、日本マイクロソフト株式会社からも賛同を得ており連携を図るという。

  • 価値を共創するための特典メニューを用意
    「NEC Software WORKS」への加入特典として、パートナー企業が提供するソリューションにおけるNECのソフトウェア製品の活用シナリオやビジネスコンセプトを検討する「ビジネス共創ワークショップ」、持ち寄ったアイデアを出し合いソリューション開発や技術レベルの底上げを図る「技術交流会」、売上や販促施策推進などのマーケティング活動に応じポイントを提供、そのポイントを特別なライセンスの利用権やノベルティなど各種特典と交換できる「マイレージプログラム」等、19のメニューを提供。

    共通 パートナーフォーラムへの参加
    ビジネス共創ワークショップ
    NEC Software AWARD
    セールスサポート ニュースレター配信
    パートナー専用Webサイト
    販促ツール提供
    デモ環境の提供
    イベントへの協賛
    キャンペーンの実施
    マイレージプログラムでの優待
    マーケティングサポート マーケティングファンド提供
    認定パートナーロゴの使用許諾
    パートナー一覧ページでの紹介
    導入事例の作成
    共同ソリューションの作成
    技術サポート 製品評価ライセンスの提供
    製品導入前の問い合わせ
    技術交流会への参加
    トレーニング受講・優遇

(注1)NEC Advanced Analytics – RAPID機械学習について
(注2)「RAPID WORKS」は、パートナー向けの「AI・IoTビジネス共創コミュニティ」の一つとしても展開します。AI・IoTビジネス共創コミュニティは、パートナーのAI・IoTビジネスを支援するNECの取り組みの総称であり、各種の販売支援メニューや、開発協業プログラムを提供します。
(注3)プレスリリース『中堅・中小企業市場におけるミドルウェアの提供拡大を目的とした「NECパートナープログラム for ソフトウェア」の開始について』

【関連リンク】
日本電気(NEC)
エスシーエスケイ(SCSK)
NECネッツエスアイ(NESIC)
NECフィールディング(NEC Fielding)
佐鳥電機(SATORI ELECTRIC)
日本事務器(NJC)
NEC通信システム(NCOS)
アマゾン ウェブ サービス(AWS)
オラクル(Oracle)
マイクロソフト(Microsoft)

Previous

富士通、製造業におけるつながるサービスを実現する、ものづくりデジタルプレイス「COLMINA」を販売開始

NEC、AI・IoTを駆使した企業と顧客との絆を強化する「NEC Customer Experience Solutions」を確立

Next