米アマゾン、タッチスクリーン付きの新しいEcho Showを発表

IoT News Global

5月9日、米アマゾンがカメラとタッチスクリーンが組み込まれたEcho Showという新しいエコーデバイスを発表した。スクリーンの追加で、これまでアマゾンで可能だったスマートホーム機械のコントロールの他、ビデオ鑑賞、防犯カメラの確認、歌詞の表示、天気予報、買い物リスト、to-doリストや写真表示などが音声コントロールできるようになった。最近追加されたブルートゥース機能で他のデバイスに接続・音楽ストリーミングも可能になった。

Echo Showにカメラが追加されたため、エコーデバイスあるいはAlexaアプリを使っている家族と友達にハンズフリーでビデオ通話が可能になった。外出している時に、家族のEchoデバイスに無料でメッセージや通話もできる。このサービスはDrop Inという機能によって実現され、Echo Showはインターネットに繋がっているビデオインターコムとして使える。

なぜ音声アシスタントにスクリーンを付ける必要があったのか?
まずは、旅行を計画している時のホテル値段や経路オプション、数日間の天気予報など音声で理解し比べづらい情報があるため、それを視覚情報として表示したほうがわかりやすくなる。ディスプレーの追加でユーザーが音声かタッチで、自分にとって最適な操作方法を選べる。

また、もともとe-コマース会社であるAmazonにとってディスプレイ商品を紹介する機会でもある。

Echo Showはアメリカで7月28日から発売されるが、現在はプレオーダー募集中だ。価格は229.99.ドル。

Source: Amazon

Previous

設計・製造のデジタライゼーション(シーメンス・ダッソー・ベッコフ) ーハノーバーメッセ2017 レポート3

富士通、大成、スタディスト、IoTを活用したビル設備監視システムの有効性を共同実証

Next