アスタリスク、買い物かごを置くだけでRFタグを一瞬でスキャンする特殊素材内蔵RFID専用レジ台を発表

iPhone/iPod touch装着型RFIDリーダーAsReaderの製造元の株式会社アスタリスクは、RFID電波をコントロールする特殊素材の棚を開発した。特殊素材によりRFID電波をコントロールすることで、商品を密閉しなくてもカゴの中だけのRFタグを読み取ることが可能になるという。アスタリスク独自のこの仕組みにより、商品に添付されているICタグ(RFタグ)を、買い物カゴをポンと置くだけで一括読み取りができるようになるとしている。

アスタリスク、買い物かごを置くだけでRFタグを一瞬でスキャンする特殊素材内蔵RFID専用レジ台を発表

アスタリスクのRFIDリーダー(AsReader BOXタイプ)や、レジアプリ(AsRegi)などとのトータルソリューション提案も可能。これらのスキームは、スマートフォンがLANを介して通信できる機能を活用する。つまりiPhoneやiPadのPOSレジが連携することにより、従来のレジに並ぶ形式だけでなく、係員が商品コーナーで接客対応中に、その場で会計処理までを終わらせるスタイルを提案。

また、同社では、RFIDについてのサービスを提供するにあたり、リーダーだけではなく様々なタグを取り扱っている。これにより、タグ、ハードウェア、ソフトウェアまで一貫した、RFID化に向けてのソリューションを提供することが可能になるという。

【関連リンク】
アスタリスク(Asterisk)

Previous

マイクロソフト、Power Pointにリアルタイム翻訳機能を追加

富士通、現場コミュニケーションの活性化を支援する IoTソリューション「スマートコミュニケーション」を提供開始

Next