丸紅情報システムズと大日本印刷、セキュアな通信環境構築を容易にするクラウド型VPNサービス提供

丸紅情報システムズ株式会社(以下、MSYS)と大日本印刷株式会社(以下、DNP)は共同で、複数機器間の通信をセキュアに行うバーチャルプライベートネットワーク(VPN)において、MSYSが運用する管理サーバーを利用し、IoT機器やモバイル端末にVPNソフトウェアをインストールするだけで簡単に構築できるクラウド型のVPNサービスを2017年8月に開始する。価格は、1IDあたり月額1,000円。

近年、IoTの進展により、インターネットを経由して各種機器の情報を集約できるようになる一方、情報漏えいなどのリスクも高まっている。このリスクに対してDNPは、2015年より、専用のVPNサービス「DNP Multi-Peer VPN」を提供しており、ネットワークカメラのデータ通信や、自動車開発時の走行テストデータの通信に導入されている。

これまでは導入企業ごとに管理サーバーを設置して通信機器間の認証を行っていたが、今回提供開始される「MSYS Multi-Peer VPNサービス」では、MSYSが運用するデータセンターに設置した管理サーバーを使用して、情報漏えいを防止するクラウド型のVPNサービスを提供する。これにより従来のサービスより、管理サーバーの構築・運用の手間が省け、より手軽にVPNサービスを導入することが可能になるという。

「MSYS Multi-Peer VPNサービス」の特長は以下の通り。

  • ソフトウェアのため導入が簡単かつIoT機器への組み込み対応が可能
    ソフトウェアとして提供するため、高額なVPN装置の購入や複雑な設定が不要で、かつ容易にIoT機器に組み込むことが可能。
  • 同時複数P2P接続で多彩なネットワーク構築が可能
    通信の開始時にサーバーに接続して端末認証を行った後、端末やIoT機器間で複数同時に、P2P(Peer to Peer)の接続が可能。様々な利用シーンにおいて、端末やIoT機器同士がVPN接続で安全に通信することができる。
  • 端末認証による高いセキュリティ
    ID/Passwordでの認証に加え、電子証明書による独自の端末認証を行うため、なりすましによる不正アクセスなどが防止でき、高いセキュリティを実現することが可能になる。
  • シームレスにVPN通信ができるため移動体での使用に最適
    仮想IPアドレスを使用するため、スマートフォンや自動車のような移動体で通信の基地局が切り替わった場合にも、シームレスにVPN通信を行うことが可能。
  • グルーピング機能
    管理者はMSYS Multi-Peer VPNサーバーにアクセスすることで、ユーザーや機器のグループ設定が可能。ユーザーはグループ内の他ユーザーや機器へアクセス可能だが、異なるグループのユーザーや機器へはアクセスすることができない。
  • マルチキャリアに対応
    マルチキャリア対応のため、利用中のインターネット回線をそのまま使用することが可能。
  • セキュリティの高いデータセンターで運用
    「MSYS Multi-Peer VPNサービス」の管理サーバーを制御するMSYSのデータセンターは、24時間365日の有人監視体制のもと、最新の生体認証システムをはじめ、金属探知機、X線検査器など、厳重なセキュリティ対策が施されている。

【関連リンク】
丸紅情報システムズ(MARUBENI INFORMATION SYSTEMS)
大日本印刷(DNP)

Previous

オムロンの製造現場での無線干渉への取り組み ーワイヤレス・テクノロジー・パーク2017 レポート3

GMOクラウド、車両コンディションの自動解析・遠隔診断の実用化を目指し、全国各地でコネクテッドカーの実証実験開始

Next