FAプロダクツ、ローコストに既存設備の稼動監視・帳票レスを実現する「工場見える化パッケージ」を販売開始

株式会社FAプロダクツは、Smart Factory化の第一歩を支援するため、ローコストに既存設備の稼働監視・帳票レス化を実現する「工場見える化パッケージ」を、本日6月8日から販売開始した。

「工場見える化パッケージ」は、「表示機能付IoTサーバー(HMI:稼働監視用)」「Excelアドインソフト(帳票作成用)」、既存設備への組込みを実現する「稼働監視ソフト」がセットになったパッケージ。特長は以下の通り。

  • 既存設備をそのまま活用してデータを簡単収集
    国内外250種類以上のPLCに対応。既存設備をそのまま活かしてデータ収集が可能。オプション追加で、専用基盤や接点信号からの稼働監視も実現できるうえ、簡単設定で手元に届いてから最短1日で導入ができる。
  • 帳票の自動作成に対応
    手作業で行っている帳票作成、日報作成の自動作成に対応。帳票・日報のフォーマットはExcel上に自由にレイアウトができ、現在運用中の帳票にあわせることができる。帳票作成工数の削減、入力・転記ミスの排除、帳票のリアルタイム化を実現。
  • 優れたコストパフォーマンス
    導入価格は1セット50万円~と低コスト。産業用タッチパネル(HMI)の作画データやExcelを編集する程度の簡単な作業で設定変更ができるため、自社で自由に追加改造が可能。
  • スモールスタートから始められ、段階的に拡張が可能
    最初は特定工程の稼働監視からはじめ、設定追加で複数台の設備監視も実現できる。上位システムとの接続も、Industry 4.0で標準とされているOPC UAに対応するなど拡張性も兼ね備えており、大規模システムにも展開が可能。オプションで、取得したデータをデータベース化するプランもある。

【関連リンク】
FAプロダクツ(FA Products)
工場見える化パッケージ

Previous

IDC、国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場は2021年に3,419億800万円に達すると予測

Facebook、災害対応や復興活動に使える地図を発表

Next