Telit、450MbpsのLTE-Advanced対応セキュアな車載用スマートモジュール「LE940A9」発表

Telit Wireless Solutions(以下 、Telit)は、LTE Advancedカテゴリー9(Cat 9)ネットワークをサポートする車載モジュールである、LE940A9スマートモジュールを発表した。このシリーズは、Voice-over-LTE(VoLTE)を含む3種類のマルチバンド、マルチモード製品を提供し、自動車メーカーが世界市場のトップで次世代のコネクテッドカー技術を展開するために最適化されているという。

LE940A9は、Telitの車載モジュールxE940ファミリに追加された最新製品。同製品は、450Mbpsのダウンロード速度と50Mbpsのアップロード速度を実現し、非常に低いレイテンシと高度なセキュリティを備え、自動車産業の次の波となる自律走行運転の足がかりともなるアプリケーションとサービスを可能にするという。

デジタル トランスフォーメーションは、ドライバーの安全性、新しい収入源、没入型の接続経験を大幅に向上させ、接続された車の進化を促している。世界各地の政府による安全の義務付けと「つながる世界」の進歩にともなって、より多くの付加価値サービスと豊富な機能を備えた車載アプリケーションの需要が高まっている。

商用および消費者向けテレマティクスサービスから自律走行や運転支援機能までの処理を行い、さらにインフォテイメントを含むリモートソフトウェアアップデートに依存するアプリケーションが大量に存在するため、今やセキュアで有線ブロードバンド並みの速度による通信が必須要件になっている。高速ワイヤレス接続による通信は、アプリケーションの動作にタイムラグがほとんど、あるいはまったく生じないLTE Advancedの使用時のみ可能になるという。

LE940A9はコネクテッドカープラットフォーム全体を強化し、現在のニーズに応えるとともに、今後登場する付加価値サービス、テレマティクス、およびマネージドサービスの将来的な統合も可能にする先進的な機能を備えているという。このモジュールは、組み込みのアプリケーションプロセッサ、ストレージ、およびメモリによるセキュアな処理環境内で車載アプリケーションを実行できる。高度なサイバーセキュリティ機能で保護されたモジュール自体の中で、車載アプリケーションプログラム全体をセキュアに実行できるとしている。

LE940A9の特徴は以下の通り。

  • 全世界のGNSSに対応
    GPS、GLONASS、Galileo、Beidou、およびQZSSをサポート。
  • 産業界の要求に応える高度なセキュリティ
    セキュアブート、セキュアストレージ、その他の機能を備えている。
  • マルチ無線アクセス技術による優れたカバー率で将来にわたる
    使用が保証されたテクノロジー3GPP Release 11、キャリア・アグリゲーション(3xCA)を備えたLTE-Advancedのサポート、および3G/2Gフォールバックにより、特に生命に関わる状況において、常時接続機能を備えた可能な限り広範な接続技術の組み合わせを実現。
  • 安全最優先
    eCall、ERA GLONASS、その他の法規制および安全性規格をサポートし、地域の要件に応じて3Gまたは2Gへのサーキットスイッチ・フォールバック(CSFB)によるVoLTE(voice over LTE)に対応。
  • Design-once-use-anywhere(一度設計すればどこでも使える)
    LE940A9の40×40mm LGAフォームファクタは34×40mmのTelit xE920車載モジュールファミリ製品との置き換え(ネスト)が可能で、OEMやティアワン・インテグレータに経済性、機能、および地域の要件に単一の機器設計で対応できる柔軟性を提供。
  • 車載対応
    耐久性を高めた機械的に堅牢なパッケージは優れた熱特性を備え、効果的な放熱を実現します。動作温度範囲は-40℃~+85℃で、要求の厳しいアプリケーションや環境に最適。TelitはISO TS16949のプロセスに従って車載モジュールの設計と製造を行っており、認定を必要とするオートモーティブOEMおよびティアワン・サプライチェーンに適合する品質とコンプライアンスを保証している。

【関連リンク】
テリット(Telit)
LE940A9

Previous

「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」が小田急電鉄に採用、新宿駅のトイレ空室状況をアプリで確認

ソラコムのIoT通信プラットフォーム「SORACOM」、「Google Cloud Platform」に対応

Next