ソラコムのIoT通信プラットフォーム「SORACOM」、「Google Cloud Platform」に対応

株式会社ソラコムは、通信とクラウドを融合したIoT通信プラットフォーム「SORACOM」において、Googleが提供している「Google Cloud Platform」(以下、GCP)との連携を本日6月15日より開始した。

IoT通信プラットフォーム「SORACOM」は、IoT/M2Mに必要な通信を、使いやすく、リーズナブルに、セキュアに提供する。「SORACOM」は、セルラーとLoRaWANの2つの通信方式と、クラウド上に構築されたコアネットワークにより、通信の一括管理や、セキュアなデータ送信を可能にする各種サービスを提供する。

顧客は「SORACOM」を利用することで、使いたい時に1日1回線からIoT通信を利用でき、WebコンソールやAPIから通信を操作・管理したり、セキュアなデータ送信や、迅速なクラウド連携により、IoTシステムの構築・効率的な運用をすることができるという。

今回「SORACOM」との連携するGCPのサービスは、2017年5月に発表された「Google Cloud IoT Core」と「Google Cloud Pub/Sub」で、それぞれ「SORACOM」Webコンソール上からの設定により、「SORACOM」を通じて、簡易にGCP連携できるようになるという。

この連携により、顧客は、IoTデバイスから「SORACOM」を通じて送信されたデータをGCPに集約し、GCPの各種サービスに迅速に接続、「Google Cloud Dataflow」「Google BigQuery」「Google Cloud Machine Learning Engine」などの大規模データを分析するサービスをはじめとした GCPの機能を活かしたIoTシステムをスムーズに活用することが出来るようになるとしている。

「Google Cloud IoT Core」には、「SORACOM Beam」を経由して接続される。「SORACOM Beam」は、IoTデバイスから、「SORACOM」の通信によって送信されたデータに、認証や暗号化、プロトコル変換などを施して転送支援するサービス。今回のGCP対応では、「Google Cloud IoT Core」に必要となるJWT認証や、MQTT over TLSでの通信をサポートする。

「Google Cloud Pub/Sub」には、「SORACOM Funnel」を経由して接続される。「SORACOM Funnel」は、クラウドリソースアダプタサービスで、「アダプタ」と呼ばれる接続機能を提供する。今回のGCP対応では、この「アダプタ」に「Google Cloud Pub/Sub」連携が追加され、連携に必要なIDなどの認証情報を「SORACOM」保管し、データ送信時に付与することで、個々のデバイス側への認証情報の設定が不要となり、迅速かつセキュアに利用できるという。

【関連リンク】
ソラコム(SORACOM)
グーグル(Google)

Previous

Telit、450MbpsのLTE-Advanced対応セキュアな車載用スマートモジュール「LE940A9」発表

Kionix、歩行検知および歩数計測機能内蔵の加速度センサ「KX126」を開発

Next