LINEのクラウドAIプラットフォーム「Clova」とトヨタ推進の「SDL」を活用したコネクテッドカーサービスの協業を検討

LINE株式会社とトヨタ自動車株式会社は、LINEが開発を進めるクラウドAIプラットフォーム「Clova」と、トヨタをはじめとする各社が推進する車載機器とスマートフォンアプリ、およびタブレットアプリとの連携規格Smart Device Link(以下、SDL)を活用した協業の可能性を検討すべく、協業基本合意書を締結した。

「SDL」は、トヨタが推進するスマートフォンアプリとクルマがつながるためのオープンソースであり、顧客は、車載の音声認識機能や操作パネルを通じ、車内でアプリを操作することができる。また、「SDL」を用いることで、自動車会社はスマートフォンのアプリケーションを、自社の車載システムの特性やインターフェースに合わせて、より安全・快適に利用できる形で提供することが可能だという。

今回の協業を通じ両社は、LINEの音声エージェントテクノロジーを持つ「Clova」と、トヨタが推進、対応を進める「SDL」を連携させ、音声エージェント等を活用した新しいカーサービスの実現を、2018年の商品化を目指し検討していくとしている。

【関連リンク】
LINE
Clova(クローバ)
トヨタ(TOYOTA)

Previous

PAL、AI活用した物量予測とスタッフシフト自動生成システム 「AI CROSTA」提供開始

IDC、2017年第1四半期のウェアラブルデバイス世界出荷台数は2,470万台と発表

Next