デジタル、古い工作機械からMT-LINKiを使用したデータ収集を実現

株式会社デジタルは、生産現場で稼働する装置の情報を有効活用できるデータ収集機器「マルチ・データボックス」のラインアップに、ファナックの工作機械稼動管理ソフトウェア「MT-LINKi」に対応した専用モデルを新たに追加する。

ファナックは2016年にIoT向けプラットフォーム「FIELD system」構想を発表した。この新しいプラットフォームのひとつである「MT-LINKi」と旧CNCとの接続要請を受けて、Pro-faceは既存のデータ収集機器「マルチ・データボックス」とソフトウェアを組み合わせた製品開発に迅速に取り組んだ。

「マルチ・データボックス」は大きなコストや手間をかけずに、手軽に新旧装置のデータを活用したいというニーズを受けて、2014年に発売されたデータ収集機器。今回ラインアップに加わるファナック専用モデルは、OPC UAサーバー機能を備えており、CNCがもつ工作機械の稼動状況やモーター負荷情報を、ファナックの稼動管理ソフトウェア「MT-LINKi」に転送することができるという。これにより古い機械でも、MT-LINKiとの接続が可能になるとしている。

同製品は作画エディターを必要とせず、Webブラウザーのみで本体設定を行うことができるため、新たなソフトの習得なく簡単に追加導入を実現するという。製品特長は以下の通り。

  • 工作機械の稼働状況やモーター負荷情報をMT-LINKiに転送可能
  • Webブラウザーのみの簡単本体設定(作画エディター不要)
  • ファナック製CNCのDPRNT機能をサポート

【関連リンク】
デジタル(Digital Electronics)
ファナック(FANUC)
マルチ・データボックス(FANUC専用モデル)

Previous

伊藤忠商事、ファミリーマート、LINEが業務提携、ファミリーマートの次世代店舗でクラウドAIプラットフォーム「Clova」など各種サービスを連携

タグキャスト、タブレット・スマートグラスを使った工場見学システムに位置情報技術を提供

Next