渡辺電機工業、ビル・工場のオートメーションに貢献 Modbus対応小型I/Oモジュール「WMB」発売

渡辺電機工業株式会社は、ビルや工場の計測・制御に最適なModbus®対応の小型I/Oモジュール「WMB」を発売する。

ビルや工場内における電力・流量の計測や空調機器等 動力の状態監視をよりローコストに実現できる小型計測機器で、汎用的な通信プロトコルであるModbus® (RTU)を搭載し計測システムの低価格化・簡素化に貢献する。

 

【開発の背景】

2020年の東京オリンピックを控え、大型ビルの建設が相次いでいる。また、既設ビルのリニューアル・設備更新への投資も継続的に行われている。

計測技術を活用しビル管理を高度化、利用者へ一層の利便性を提供する事への関心が高まっている。

これらの状況を踏まえ、同製品の開発に至った。

 

【本製品の特長】

1.大幅な小型化(65mm[W])を実現し、制御盤内のスペースを有効に活用できる。

2.3.5インチカラーLCD搭載のポータブル設定表示器を用意し、機器設定の簡素化やモニタリングの利便性を追求した。

3.デジタル入力チャネル(DI)はパルス積算入力(PI)としても使用する事ができ、電力デマンド監視用途でも利用する事ができる。

4.用途に合わせてデジタル入出力・アナログ入出力等5タイプの計測器を用意した。
(特に既設ビルのリニューアルでは制御盤をそのまま利用する事が多く、盤内スペースの有効活用の為に機器の小型化には強い要望がある。)

 

【販売価格】

デジタル入力モジュール          WMB-DI16    定価 32,000円
デジタル入出力モジュール         WMB-DIO8R   定価 32,000円
アナログ入力モジュール           WMB-AI8     定価 60,000円
アナログ・測温抵抗体入力モジュール  WMB-MAI6   定価 60,000円
アナログ出力モジュール           WMB-AO4    定価 60,000円
(付属品)設定表示器             WMB-DM01   定価  40,000円

 

【受注開始時期】

2015年10月13日(月)

 

【関連リンク】
渡辺電機工業株式会社

Previous

キヤノン、ネットワークカメラの映像解析技術を開発 マイルストーンシステムズ社(※1)の映像管理ソフトとの連携も実現

SOLID GOLD、デュアルヘッド3Dプリンター『Zim』販売開始

Next