アプリックスの浄水器向けIoTソリューション採用のフィルター・モニタリング・デバイス、キッチンメーカーFrankeから発売

株式会社アプリックスは、アプリックスの浄水器向けIoTソリューションが採用されたフィルター・モニタリング・デバイス「FM100」が、キッチンメーカーFrankeから発売されたことを発表した。「FM100」は2017年6月のアメリカでの発売を皮切りに、その他の国でも発売される予定。

「FM100」はシンクの下に設置された浄水器の給水ホースに取り付けるデバイス。FrankeのすべてのLittle Butler filtration製品に、ユーザー自身で取り付けることができるという。このタイプの浄水器の課題は、ユーザーがフィルターやカートリッジの交換時期に気づきにくいこと。

「FM100」はホースを通る水の流量を検出し、記憶する。ユーザーのスマートフォンが近くにあるときは、Bluetooth Low Energy(BLE)を使い、スマホアプリ「StillPure by Franke(以下「StillPure」)」に、浄化した水の量などを通知。累計流量がフィルターの総浄水量の上限に近づくと、「StillPure」に通知が表示される。ユーザーは「StillPure」からFrankeのオンラインショッピングサイトに接続し、その場でフィルターを購入できるという。

なおFrankeとアプリックスの間では、「StillPure」からのフィルター売上の一部がアプリックスの売上になるレベニューシェア契約を締結している。

「FM100」においてアプリックスは、以下のIoTソリューションの開発・提供を行っている。

  • ビーコン内蔵流量センサー付ジョイント
    アプリックスの「ビーコン内蔵流量センサー付ジョイント」に対して、「Franke」ロゴの追加など、「FM100」向けのカスタマイズを行ったもの。「Franke FM100 Filter Monitoring Device」の製品名でFrankeから販売される。浄水器を買い替えたり改造したりすることなく既存の浄水器をIoT化できることが、「FM100」の大きな特長。
  • クラウドシステム
    「StillPure」と通信することで浄水量を管理し、オンラインショッピングやレベニューシェアを実現しているクラウドシステム。
  • iPhone/Android向けアプリ「StillPure by Franke」
    ・浄化した水の量と、ペットボトルに換算すると何本分か、いくら節約できたかを表示。フィルター交換時期が近付くと、画面下に通知を表示する。
    ・オンラインショッピングサイトに接続できる。
    ・電池が切れそうになると通知し、使用する電池や交換手順を案内。
    ・流量センサー調整のためのキャリブレーション手順を案内。

アプリックスの浄水器向けIoTソリューション採用のフィルター・モニタリング・デバイス、キッチンメーカーFrankeから発売

【関連リンク】
アプリックス(Aplix)
フランケ(Franke)

Previous

NEC、AIを活用した製造現場の検品業務を省力化するソリューションを販売開始

東電グループのファミリーネット・ジャパン、スマートロックを活用した内見予約サービス販売開始

Next