エレクトロビット(EB)とNXP、高度自動運転向け新プラットフォームで協力

自動車業界向け組み込み/コネクテッド技術ソリューションのデベロッパーであるエレクトロビット(EB)と、車載半導体ソリューション・サプライヤであるNXP Semiconductors N.V.は、高度自動運転システム向けにNXPのBlueBox自動運転開発プラットフォームとエレクトロビットのEB robinosソフトウェア・フレームワークを統合したパワフルな新しい開発プラットフォームを実現するための提携を発表した。

自動車メーカーは自動運転アプリケーションの効率的な市場投入にあたって、非常に困難な課題に直面している。複数の車載センサからのマルチストリーム・データをいかに確実に素早く転送するか、複雑なソフトウェア開発に社内でいかに取り組むか、いかに差別化を図るか、などの課題に対するソリューションへのニーズが高まっているという。これらは、長期的パートナーのEBとNXPが自動車メーカー向けに独自のベネフィットを持つ統合型ハードウェア/ソフトウェア・ソリューションの開発に取り組む際、いつも優先課題だったそうだ。

EB robinosについて

EB robinosは自動車メーカーと車載機器サプライヤにとって、進化する自動運転機能の開発と市場投入や、先進的な車載システムの複雑さの管理を可能にする、包括的な非ハードウェア依存型ソフトウェア・フレームワークで、特長は以下の通り。

o さまざまな異なる運転機能向けにオープン・インターフェースとソフトウェア・モジュールを備え、機能的で標準化されたアーキテクチャ
o 自動運転に必須の最高の機能安全性とエラー管理を統合し、自動運転機能の開発の迅速化を可能にするモジュール方式アプローチ
o 先進的な状況検知とパス・プランニング機能を可能にする人工知能(AI)

NXPのBlueBox自動運転開発プラットフォーム

NXP BlueBox

o 世界の自動車業界が要求する厳しい安全性、消費電力、処理性能を満たす包括的な自動運転車コンピュータ
o 複雑なマルチストリーム・センサ・データをリアルタイム処理。EB robinosソフトウェア・フレームワークがこれらマルチストリーム・データをNXP BlueBoxエンジンに転送、データ融合させ、車両の周囲の完全な360°モデルを生成

Previous

KPMGコンサルティング、 「Microsoft HoloLens導入支援サービス」の提供を開始

Mobility × IoT × FinTechベンチャーのGMS  フィリピン国パラニャーケ市と提携

Next