パイオニア/インクリメント PとHERE、自動運転時代に向けたグローバルな地図ソリューションを実現するための基本契約を締結

グローバルな地図および位置情報サービス提供会社のHERE Technologies(以下、HERE)と、カーエレクトロニクス事業をグローバルに展開するパイオニア株式会社の100%子会社で地図事業を担うインクリメント・ピー株式会社(以下、インクリメント P)は、自動運転時代に向けたグローバルな地図ソリューションの実現を目的とした基本契約を締結した。同契約は、2017年2月に両社が共同発表した戦略的提携合意を受けて、検討を進めてきたものだという。

HEREとパイオニア/インクリメント Pは、様々な協業を検討しているが、今回進展があったのは次の通り。

  • グローバルな標準地図サービス
    HEREとインクリメント Pは、標準地図データのグローバルな提供において協業を進める。両社は、各々が保有する標準地図データを既存および将来の商品やサービスに活用でき、今下期よりグローバル地図データの提供を開始する予定。また、両社は、共通フォーマットなど一貫性のあるグローバル地図データの供給を検討していく。これにより、顧客は、品質管理などのメリットを享受することができるようになるという。
  • 自動運転をサポートするグローバル高精度地図サービス
    HEREとインクリメント Pは、安全・効率的・快適な自動運転を可能とするために必須となる高精度地図の共用化に向けて評価を開始する。今後、自動運転車両メーカー向けに、グローバルで一貫性のある高精度地図データの提供を目指す。また、両社は、それぞれ日本で高精度地図の協調領域における基盤を提供するダイナミックマップ基盤企画株式会社の活動と連携していく。インクリメント Pは同社の出資者の一員であり、HEREは同社と高精度地図制作における協業に向けての議論を開始した。

【関連リンク】
HERE
パイオニア(PIONEER)
インクリメント・ピー(INCREMENT P)
ダイナミックマップ基盤(Dynamic Map Planning)

Previous

日立システムズ、声から心の健康状態の変化を捉えるクラウド型「音声こころ分析サービス」を販売開始

大和ハウス工業がGROUNDと資本業務提携、次世代型物流施設を共同開発

Next