ブロードバンド推進協議会、利活用部会 第3回研究会「Pepperのビジネス利活用最新動向とその展望」を開催

一般社団法人ブロードバンド推進協議会は10月30日(金)明治大学 リバティタワーにて、利活用部会 第3回研究会として「Pepperのビジネス利活用最新動向とその展望」をテーマに研究会を開催する。


<開催概要>

日時 2015年10月30日(金)15:30-18:25 ※懇親会は18:30開始
会場 明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー 1階 1011教室
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
アクセスマップはこちら
キャンパスマップはこちら
主催 一般社団法人ブロードバンド推進協議会
対象 情報・通信関係者、開発エンジニア、その他
定員 100人 ※お申込み多数の場合はBBA会員を優先させていただきます
研究会参加費 無料/懇親会参加費 3,000円(税込) ※BBA正会員・賛助会員は無料

 

<お申し込み>

お申し込みはこちらのフォームより

 

<プログラム>

15:00    開場・受付開始

15:30-15:35 企画趣旨説明
「新たなるスマートデバイス・Pepperの利活用を考える」
BBA利活用部会 部会長/青森公立大学 経営経済学部 地域みらい学科 准教授 博士(工学) 木暮祐一 氏

15:35-16:25 特別講演1
「Pepperの基本機能と企業活用実践事例のご紹介」(仮)
ソフトバンク株式会社、ソフトバンクロボティクス株式会社 首席エヴァンジェリスト 中山五輪男 氏

16:30-17:00 Pepper活用事例(1) 観光×Pepper
「ロボてなしのススメ、Pepper観光応用ソリューション」
フューブライト・コミュニケーションズ株式会社 代表取締役 居山俊治 氏

17:00-17:30 Pepper活用事例(2) ケア×Pepper
「Pepperを活用した失語症の患者様向け訓練アプリ」
株式会社RoboCure 代表取締役 森本暁彦 氏

17:35-18:25 特別講演2
「感情ロボットPepperの音声感情認識技術の仕組みに迫る」
音声感情認識技術発明者
東京大学大学院医学系研究科音声病態分析学講座
特任講師/博士(工学)  光吉俊二 氏

18:30-20:30 懇親会(カフェパンセにて予定、希望者参加 有料)

 

<開催趣旨>

いよいよ一般市販が開始された感情認識ロボット「Pepper」。6月以降、月1回の申込受付が行われているが、1回につき1,000台の販売が 1分で売れてしまうという注目ぶりだ。とはいえ、まだまだ販売価格は決して安価なものではなく、当面は法人での活用が主体となりそうである。

この感情認識ロボット「Pepper」を具体的にどんなシチュエーションで活用するのかもまだ暗中模索というのが正直なところだろうか。こうしたなかで、Pepperを何かしらビジネスに応用していこうと、すでに多数の企業がPepper利活用のトライアルを実施したり、新たな発想でのアプリケーショ ン開発に着手している。

今回の研究会では、まずソフトバンク首席エヴァンジェリストである中山五輪男より、Pepperの基本機能やPepperの企業活用例を紹介。そして社会での有効活用を模索しアプリケーション開発に取り組まれた2社の事例を報告、聴講者と共にPepperの有効活用について考えていく。

そして特別講演として、Pepperに搭載されている音声感情認識技術を発明した光吉俊二が、音声感情認識技術の仕組みと今後の利活用の展望について語る。

 

【関連リンク】
一般社団法人ブロードバンド推進協議会

Previous

Silent it、“ディスコをハックする”最先端のスマートデバイスを使った未来のディスコを開催

見たモノを動かせる、バーチャルリアリティ・グラス ーアニス・ウッザマン氏インタビュー 第三回

Next